ニュース

Ripple、Finastraと提携[RippleNet]

記事のポイント

  • RippleFinastraと提携
  • RippleNetとは
  • On-Demand Liquidityを利用する可能性も

Ripple社は世界的大手フィンテック企業[Finastra(フィナストラ)と提携したことを発表した。Ripple社はXRPを中心とした決済・送金サービスへの開発に注力しており、BitPayとの提携やLogosNetworkの買収、暗号通貨ATMCoinmeへの出資といった動きが見られている。

 

RippleFinastraと提携

109日、Ripple社は世界的大手フィンテック企業[Finastra(フィナストラ)と提携したことを発表した。Finastraは世界130ヵ国、9,000社以上に金融システムを提供する企業であり、同社と提携することでRippleNetが急速に拡大すると期待されている。また、Finastra利用者はFinastraを介してRippleNetに加盟している金融機関との高速取引を行うことも可能となり、国際送金に関する利便性が格段に向上すると期待されている。

 

RippleNetとは

RippleNetとは、Ripple社が構築する国際送金ネットワーク、送金インフラとなっている。RiippleNetへの参加はRipple社の提供するxCurrentOn-Demand Liquidity(旧:xRapid)・xViaのいずれかを使用することを意味する。現在、200を超える金融機関が同ネットワークに加盟しており、その規模を拡大させつつある。RippleNetを利用することで、高速で送金ミスなく安全に、手数料も安価に国際送金を行うことが可能となる。

  • XRP 暗号通貨リップル(Ripple/XRP)は金融機関の送金で法定通貨間の橋渡し役となる通貨として、アメリカのRipple Labo(リップルラボ)社によって開発された。「送金」に重点を置いているため取引速度は数秒となっている。国際送金は4秒未満、手数料は、トランザクションごとに約 0.00001 XRP1秒間に1500件以上の取引処理が可能 と送金・決済において優秀な機能を有している。Ripple社の提供する国際送金ソリューションにて利用されている。

 

On-Demand Liquidityを利用する可能性も

今回Ripple社と提携し、Ripple社のブロックチェーン技術を導入することを発表したFinastraだが、同社は同技術を導入するほか暗号通貨リップル(Ripple/XRP)を利用する国際送金決済ソリューション[On-Demand Liquidity(ODL)]を採用するという選択肢もあり、国際的な影響力を持つ同社でODLが採用さる可能性について期待が高まっている。

  • ODL(旧:xRapid)  銀行が取引所などを利用してXRPで送金し、その後法定通貨と変換するものであり、実際に資金の移動を行う技術。現在の送金では、ただ資金を移動させるだけでなく、外貨と交換するために外貨を準備・管理する必要があり、そのコストから対応できる銀行は限られており、非常に手間のかかるものになっている。同技術ではXRPで相手に送金し、相手がその通貨に変換すれば完了と非常に手間のかからない効率的なものになっている。特に暗号通貨で送金するため瞬時に送金が完了し、コストも抑えられるものとなっている。2019102日に現在のOn-Demand Liquidityへの名称変更を発表したが、既存メカニズムはそのまま維持しながら、開発を進めていく方針を発表した。

 

まとめ

Ripple社はOn-Demand Liquidityへの投資・開発に力を入れるとともに、RippleNet加盟企業を続々と増やしている。103日には、暗号通貨決済サービスを提供するBitPayとの提携が行われ、XRP決済サービスへの動きが見られたほかOn-Demand Liquidityでの開発のためにXpringにて様々な決済企業・技術企業への投資活動を行っている。

 

関連記事

 


関連記事

  1. ナスダック、仮想通貨関連商品に前向き

  2. ビットコイン、ストックホルム市場で取り扱い開始

  3. チェコで栽培「クリプトマト」って?

  4. テキサス州、暗号通貨投資プログラムで詐欺の疑いで停止命令

  5. 昨日(11/20)のニュースまとめ

  6. スウェーデンの証券取引所、暗号通貨ETP上場[XRPとLTC]

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/7)のニュースまとめ

ニュース

DNP・富士通と協力しプラットフォーム提供[情報銀行・ブロックチェーン]

ニュース

銀行間送金、実態調査[フィンテック企業の現状]

ニュース

アメリカ、デジタル通貨発行の必要性[中国・欧州・日本]

ニュース

昨日(12/6)のニュースまとめ

ニュース

BUIDL、Securitizeの100%子会社に[ブロックチェーン]

ニュース

博報堂、コンテンツ配布実験[ブロックチェーン]

ニュース

Bitgate、一部サービス停止[東郷証券]