ニュース

昨日(10/10)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • ユニセフ、暗号通貨基金を設立
  • 日本銀行決済機構局、FIN/SUM2019でのディスカッション等を公表
  • SEC,ビットコインETF拒否[市場への影響は少なく]
  • BIS,スイスで中央銀行デジタル通貨検証へ
  • マイニング企業Bitmain,新たなビットコインマイニング機器発表(10/11)
  • イギリス中央銀行、[Libra]へ「事前に適切に監督」していく方針
  • SBIとヤフーのZホールディングスが金融領域で提携

更新記事

世界大手暗号通貨取引所Binance(バイナンス)CEOであるCZ氏は、中国の同取引所利用者向けに、中国2大決済サービス[WeChatPay][AliPay]から、暗号通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)が購入できるようになったことを明らかにした。中国では暗号通貨取引に対して強力な規制が行われているが、この取引サポートにより中国での取引が活発になるのではないかと期待されている。

 

国内では現在20社が仮想通貨交換業の認可を受け、暗号通貨取引サービスや暗号通貨関連サービスの提供を行っている。このなかでも身近な「取引所サービス」「販売所サービス」とその違いを紹介する。

 

Ripple社は世界的大手フィンテック企業[Finastra(フィナストラ)と提携したことを発表した。Ripple社はXRPを中心とした決済・送金サービスへの開発に注力しており、BitPayとの提携やLogosNetworkの買収、暗号通貨ATMCoinmeへの出資といった動きが見られている。

 

イギリスの中央銀行であるイングランド銀行は、102日に開催して金融行政委員会(FPC)での議事要旨を公表すると同時に、Facebookらによる暗号通貨プロジェクト[Libra(リブラ)]へ事前に適切に監督していく方針を明らかにした。

 

関連記事

  1. 警察がマイニングの為に職場で盗電

  2. 不穏な動きみせるZaifに対する金融庁の動き

  3. プラストークンは再開の見込みありますか?[コインの森]

  4. 韓国公正取引委員会、取引所利用規約に是正勧告[利用者資産の保護]

  5. 貿易決済をデジタル化で効率向上[世界27ヵ国50以上が参加]

  6. 証券取引所、企業のICO可能に[ロシア]

PAGE TOP

ニュース

XLM、予定通り上場[JVCEAの新規取り扱い銘柄に追加]

ニュース

SBIと福島銀提携[金融機関の再編]

ニュース

シンガポール、国際送金効率化へ[MASとJPモルガン]

ニュース

テンセント、香港でVirtual bank設立へ[中国]

ニュース

昨日(11/11)のニュースまとめ

ニュース

東京大学でRipple講演[国際送金の課題]

ニュース

バーゼル銀行監督委員会による会合[暗号資産への見解]

ニュース

VeChain,CIIEで追跡システム発表[中国の動き]