ニュース

WannaCry対策アプリを名乗る偽アプリが登場、マカフィーが注意促す

ウィンドウズ7のパソコンの脆弱性につけこみパソコンをロックしてしまうランサムウェア(その後、ロック解除の報酬としてビットコインを要求する)、「WannaCry」、世界の各地で被害が確認され150か国に拡がったというまさしくウェブパンデミックとでもいうべき事態なのだが、世界にはそうした弱みにさらにつけこもうとする呆れた悪人がいるようだ。

 

アンドロイドアプリの世界最大のマーケット「グーグルプレイストア」で偽のWannaCry対策アプリが公開されているとして、マカフィーが利用者に警告している。

 

まず前提としてWannaCryは、前述のとおりWindowsのOSに発見されたセキュリティホールをついたものであり、アンドロイド及びiOSへの感染は確認されていない。ゆえに「WannaCry対策を謳ったアプリは偽物だ」という事ができる。不安を煽ってインストールを促そうなど、実に下卑たやり方である。

 

だがしかし、マカフィーによれば実際に複数確認されており、一部の物に関しては削除要請を出し、削除されているものの、新たに複数のものが出ている可能性もあり、被害が増える可能性もある。

 

マカフィーではこれらのアプリを実際にインストールし、試したようだが、実際には広告収入を目的としたり、アプリのインストールを促したりする中身のないアプリケーションであるという。

 

このようなアプリを世に出そうと考える以上、個人情報の流出もあり得るだろう。「WannaCry」と名のつくアプリは絶対にインストールをしないように強く注意してほしい。

関連記事

  1. ドイツ、仮想通貨支払い導入

  2. 1500万円相当の暗号通貨による選挙支援献金

  3. ドイツの金融監督庁がOneCoinの決済口座を凍結

  4. ビットコイン8000ドル台回復、他の仮想通貨がけん引

  5. インドの最高裁判所の見解

  6. アメリカ郵政公社がブロックチェーン関連特許申請

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]