ニュース

EXXA Walletとは[コインの森なんでも相談]

質問のポイント

  • EXXA Walletとは
  • 出金方法と配当受取方法・運用停止

いつもコインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。今回、新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森ではページ下の「問い合わせ」からいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。内容によっては対応ができない場合もございますが、ご了承ください。また相談をされる際は、当サイトの返信メールを受信できるよう、ドメイン「coinsforest.com」の受信許可設定をお願いいたします。拒絶された場合の再送信は致しませんのでご了承ください。今回の質問は以下のものになります。

Exxaというウォレットを利用しているが、配当が受け取れない。詐欺の可能性もあるかもしれない。配当を受け取る方法と資産を引き出す方法を教えてほしい。

 

回答:EXXA Walletとは

EXXA Walletとは、日利0.2%0.6%、月利6%12%を約束する暗号通貨高額配当ウォレットです。EXXA Walletでは暗号通貨ウォレットサービスのほかに、暗号通貨の交換やAI取引ボットの事業も行っていると主張していますが、これら事象に関する情報は見つけられませんでした。

最低運用資金は300ドルであり、対応暗号通貨はビットコイン(Bitcoin/BTC)やイーサリアム(Ethereum/ETH)、ライトコイン(Litecoin/LTC)、テザー(Tether/USDT)、同サービス独自のEXXAとなっています。サービス利用にはメールアドレスや電話番号などの個人情報を提出する必要がないという説明がされていますが、配当を受け取るにはEXXAトークンのアドレスを取得しておく必要があり、さらに配当付与が行われるのは運用後48時間となっています。

展開しているとしている事業が不透明であることや紹介報酬が設けられていること、高額配当を「約束」していることなどから、詐欺の可能性が非常に高いです。資金が引き出せなくなる必要があるため、注意が必要です。

 

出金方法
  • HOME上部に表示されている[VAULT]をタップ
  • 上部に表示される[SEND]をタップ
  • 出金したい暗号通貨を選択
  • [Wallet Address]に送付先アドレスを入力
  • 送金金額を入力し、下部に表示される[Send]をタップ
  • 出金・送金手続き完了

 

配当受け取り方法
  • HOME上部に表示されている[VAULT]をタップ
  • 表示される通貨の中から[EXXA]をタップ
  • [I have]という分の左をタップし、その下にある[Confirm]をタップ
  • EXXAトークンのアドレスを開設

配当は運用してから48時間後、午前9時ごろにウォレットに自動的に振り込まれる仕組みとなっているようです。ただ、配当を得るには同サービス独自のEXXAトークンのアドレスを開設しておく必要があり、これを開設せずに運用開始をした場合、配当は付与されず取り戻すこともできません。

 

運用停止方法
  • HOME上部に表示されている[PROJECT]をタップ
  • 表示される[DEVO]をタップ
  • [Participate]をタップ
  • 通貨の右に表示される[Remove]をタップ

ただし、運用を開始してから30日以内に停止すると手数料として10%、運用資金から惹かれるため、注意が必要です。

 

まとめ

「簡単に儲かる」「リスクなし」「簡単」「これをするだけ」などと、消費者の心理を突いて誘い込む文句を謳い、勧誘を行う詐欺は多く存在します。こう言った勧誘を受けてしまう方は「実態や仕組みがわからないのにも関わらず、手を出してしまう」あるいは「知人からの勧誘を断り切れない」といった傾向にあります。勧誘を受けたとしても、実際に手を出すかどうかの判断は自分自身で行う必要があります。「OOが儲かるといった」「みんなOOといっている」ではなく、なぜ自分がそれを信頼し、参加しようと思ったのか、その根拠はどこにあるのかを冷静に整理して行動しましょう。

 

関連記事

 


コインの森ではいつでも無料相談を受け付けておりますが、すぐさますべての質問に対して対応できるわけではなく、回答までに多少お時間をいただいてしまいますことを予めご了承ください。また、メールでの回答をさせていただいても、拒否設定になっている場合はお返事ができませんので設定確認をお願い致します。

※本記事は暗号通貨関連情報の共有・説明を目的としたものであり、暗号通貨投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には暗号通貨が法定通貨と異なり、価値が保障されているものではないということを理解したうえで、事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解して、自己判断・自己責任で行ってください。暗号通貨は必ずしも裏付けとなる資産を持つわけではなく、価格が急騰・急落する可能性のほか、突然無価値になってしまう可能性も存在します。取引を行う際にはその可能性を十分理解してから行ってください。また、暗号通貨を悪用した詐欺も増えておりますので、悪徳商法や詐欺には十分ご注意ください。

関連記事

  1. 通信事業者がブロックチェーンで管理

  2. スイス国立銀行が仮想通貨へ言及

  3. ウクライナで暗号通貨規制!

  4. 銀行も暗号通貨企業に口座提供[スイス]

  5. 昨日(12/8)のニュースまとめ

  6. NY証券取引所の代表、ビットコインの可能性について語る

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/7)のニュースまとめ

ニュース

DNP・富士通と協力しプラットフォーム提供[情報銀行・ブロックチェーン]

ニュース

銀行間送金、実態調査[フィンテック企業の現状]

ニュース

アメリカ、デジタル通貨発行の必要性[中国・欧州・日本]

ニュース

昨日(12/6)のニュースまとめ

ニュース

BUIDL、Securitizeの100%子会社に[ブロックチェーン]

ニュース

博報堂、コンテンツ配布実験[ブロックチェーン]

ニュース

Bitgate、一部サービス停止[東郷証券]