ニュース

PCTコインは詐欺ですか?[コインの森なんでも相談室]

質問のポイント

  • PCTコインとは
  • 海外の知人から勧誘を受けた
  • 投資判断は自分自身で

いつもコインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。今回、新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森ではページ下の「問い合わせ」からいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。内容によっては対応ができない場合もございますが、ご了承ください。また相談をされる際は、当サイトの返信メールを受信できるよう、ドメイン「coinsforest.com」の受信許可設定をお願いいたします。拒絶された場合の再送信は致しませんのでご了承ください。今回の質問は以下のものになります。

SNSで知り合った台湾の女性から、PCTというコインが今後中国ですごいことになるのでぜひ買ったほうがいいということで、サイトで特別に売られているということで、1BTCほど購入しました。確かにサイト上では倍の価値にはなっているのですが、コインもサイトもGoogleで検索しても一切ひっかかりません。心配になって、ご相談しました。これらは詐欺でしょうか?今はなくなっても仕方がないかなとあきらめております。最近もっと投資しろとしつこく言われているので凄く怪しいと思っております。

  • 金融サービス利用者相談室 0570-0168811
  • 消費者ホットライン    188
  • 警察相談専用電話     #9110

 

回答:PCTコインとは

質問者様が[PCTコイン]について「海外の知人からの勧誘」をうけ「今後すごいことになる」と説明されたことから[Perks Coin(PCT)]であると仮定したうえで説明させていただきます。

同コインは、カナダに拠点を構えるCannaSOSによってイーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン上で開発されたERC-20トークンとなっており、金融や広告・世界的な大麻業界が抱える課題を解決することを目的に開発されたコインのようです。201711月にICOを行い、20182月に終了しました。201812月に2ドル程度の取引が複数回存在しますが、その後の取引は1ドルにも満たない少額の取引となっており、流通は限られております。

 

回答:PCTは詐欺か

PCTコインの流通は限られているものの取引可能であることから、存在自体はしております。しかしながら「サイト上で価格が倍になっている」という価格・印象操作をおこなっていることから、その海外の知人は詐欺行為を行っていると思われます。ICO時に高値で掴んだものを売り捌きたい方なのか、PCTコイン開発企業が行っているのか不明であるため、PCTコインそのものが詐欺であるかどうかの判断はできませんが、勧誘方法や印象操作が行われていることから、質問者様に勧誘を行った知人とは関わらない方がよいのではないでしょうか。

 

投資判断はご自身で

「簡単に儲かる」「リスクなし」「簡単」「これをするだけ」などと、消費者の心理を突いて誘い込む文句を謳い、勧誘を行う詐欺は多く存在します。こう言った勧誘を受けてしまう方は「実態や仕組みがわからないのにも関わらず、手を出してしまう」あるいは「知人からの勧誘を断り切れない」といった傾向にあります。勧誘を受けたとしても、実際に手を出すかどうかの判断は自分自身で行う必要があります。「OOが儲かるといった」「みんなOOといっている」ではなく、なぜ自分がそれを信頼し、参加しようと思ったのか、その根拠はどこにあるのかを冷静に整理して行動しましょう。

 

関連記事

 


参考:ICObench[PerksCoin Addressing challenges faced by cannabis industry]

コインの森ではいつでも無料相談を受け付けておりますが、すぐさますべての質問に対して対応できるわけではなく、回答までに多少お時間をいただいてしまいますことを予めご了承ください。また、メールでの回答をさせていただいても、拒否設定になっている場合はお返事ができませんので設定確認をお願い致します。

※本記事は暗号通貨関連情報の共有・説明を目的としたものであり、暗号通貨投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には暗号通貨が法定通貨と異なり、価値が保障されているものではないということを理解したうえで、事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解して、自己判断・自己責任で行ってください。暗号通貨は必ずしも裏付けとなる資産を持つわけではなく、価格が急騰・急落する可能性のほか、突然無価値になってしまう可能性も存在します。取引を行う際にはその可能性を十分理解してから行ってください。また、暗号通貨を悪用した詐欺も増えておりますので、悪徳商法や詐欺には十分ご注意ください。

関連記事

  1. 2019年、仮想通貨(暗号資産)業界の動向[法規制・技術・CBDC]

  2. シンガポール政府と銀行がブロックチェーンをテスト

  3. 昨日(7/9)のニュースまとめ

  4. 新たに認可取引所誕生[フィリピン]

  5. 金融機関を名乗る詐欺、急増[フィッシング詐欺]

  6. マネックス、寄付講座への寄付停止[特任准教授の不適切な書き込み]

PAGE TOP

ニュース

アメリカ、CBDCに動き[アメリカドル1強の地位]

ニュース

新経済連盟、改正法に関する意見提出[STO・デリバティブ]

ニュース

バハマ、2020年後半にデジタル通貨導入へ[CBDC]

ニュース

昨日(2/14)のニュースまとめ

ニュース

マルチ商法とねずみ講、特定商取引法[コインの森解説]

ニュース

今後分離課税に改められる可能性はある?[コインの森何でも相談室]

ニュース

詐欺被害に合いやすい方に見られる特徴[コインの森解説]

ニュース

警察庁、[令和元年の犯罪情勢【暫定値】]公表【「対面型犯罪」から「非対面型犯罪」…