ニュース

昨日(10/7)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • G20財務大臣・中央銀行総裁会議、Libra規制の呼びかけ
  • アラブ首長国連邦、ブロックチェーンコンテスト開催
  • 香港証券先物委員会、暗号通貨投資ファンド規制発表
  • 投資企業Algo Capital,ハッキング被害
  • リヒテンシュタイン、ブロックチェーン法承認[2020年1月施行予定]
  • BitsoのXRP取引量、急増
  • 香港、金融機関のサービス停止で暗号通貨の需要増加
  • マカフィー、分散型の暗号通貨取引所[McAfeeDex]設立へ

更新記事

RippleNet加盟企業である決済プラットフォームFinabir(フィナブラー)は、韓国大手電子メーカーSamsung(サムスン)が提供するスマホ決済サービス[SamsungPay]と提携したことを発表した。

 

経済産業省キャッシュレス推進室は、キャッシュレス・ポイント還元事業で発生している参加店の登録ミス、提供アプリの不具合等への今後の対応を発表した。現在、日本では消費税増税の影響で消費が落ち込むことを予想し、これを軽減させつつ政府が推し進めたいとするキャッシュレス決済を普及させるために、キャッシュレス決済時還元制度を実施している。

 

アラブ首長国連邦(UAE)の地域社会開発省は制限時間内に指定された条件を満たすソフトウェアを開発することを競う[Social Blockathon(ソーシャル・ブロッカソン)]を開催する。

 

SNSで知り合った台湾の女性から、PCTというコインが今後中国ですごいことになるのでぜひ買ったほうがいいということで、サイトで特別に売られているということで、1BTCほど購入しました。確かにサイト上では倍の価値にはなっているのですが、コインもサイトもGoogleで検索しても一切ひっかかりません。心配になって、ご相談しました。これらは詐欺でしょうか?今はなくなっても仕方がないかなとあきらめております。最近もっと投資しろとしつこく言われているので凄く怪しいと思っております。

 

関連記事

  1. 昨日(4/6)のニュースまとめ

  2. 観光促進、暗号通貨企業に投資[オーストラリア]

  3. 大和証券も!暗号通貨取引市場参入の意欲

  4. XRPの投げ銭、Siriで可能に[普及促進なるか]

  5. LINE、QRコード決済だけでなく税金払いや投資も

  6. 日本、9年連続新規国債発行減少[ベネズエラはペトロで国債返済狙う]

PAGE TOP

ニュース

ブロックチェーン投票の課題

ニュース

黒田総裁、アメリカで講演[新興国でのデジタル経済]

ニュース

金融犯罪とオリンピック[対日審査と金融機関の取り組み]

ニュース

「近鉄しまかぜコイン」の発行へ[国内地域通貨]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

詐欺的な投資勧誘に注意[初心者向け]

ニュース

仮想通貨の投資助言に関する法律[なんでも相談室]

ニュース

公正取引委員会、実態調査へ[キャッシュレス決済]