ニュース

SBLOKで出金できない[コインの森 なんでも相談室]

質問のポイント

  • SBLOKで出金できない
  • PlanFlashでの出金には時間がかかる
  • 手数料も合わせて10ドル以上保有しておく必要がある
  • 運用停止方法

いつもコインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。今回、新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森ではページ下の「問い合わせ」からいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。内容によっては対応ができない場合もございますが、ご了承ください。また相談をされる際は、当サイトの返信メールを受信できるよう、ドメイン「coinsforest.com」の受信許可設定をお願いいたします。拒絶された場合の再送信は致しませんのでご了承ください。今回の質問は以下のものになります。

昨日、フラッシュ交換しようとしましたが、「10ドル以上でないと交換でいません」と出ました。実際は、10ドル以上の交換ですが。また、本日、彗星をキャンセルしようとしましたが、キャンセルという文字が出ていません。Sblockは破綻したのでしょうか。

  • 金融サービス利用者相談室 0570-0168811
  • 消費者ホットライン    188
  • 警察相談専用電話     #9110

 

回答:PlanFlashでの出金には時間がかかる

SBLOKの出金に関しては先日アップデートが行われ、ビットコインで外部アドレスへ出勤した場合2日程度の時間がかかるようです。出金に成功している方もいらっしゃるようですので、完全に破綻したとは言えませんが破綻するときは近いのではないかと思われます。

 

回答:手数料も合わせて10ドル以上

質問者様は「10ドル以上の交換」を行っているのにもかかわらず「10ドル以上でないと交換できません」という表示が出たとされていますが、手数料で引かれる分を差し引いたうえで10ドル以上保有していなければなりません。[SBLOK Wallet(内部)]への送金手数料と外部ウォレットへの送金手数料は約2倍の差があります。

 

回答:運用停止方法
  • アプリの右下部に表示されている[S-Key]をタップ
  • 画面に表示される[量化記録]をタップ
  • 運用状況の右に表示される[キャンセル]をタップ
  • 運用停止申請完了

 

まとめ

Sblockとはスマホ専用の配当型ウォレットであり、日利0.2~0.5%、月利6~15%、年利72~180%を約束し、暗号通貨に友好的な国として知られるマルタ共和国でSTOライセンスを取得したと主張しています。

しかしながら、実際はマルタの金融規制機関では同社に認可を与えたという記載はなく、この主張が虚偽であることから詐欺である可能性が非常に高いものとなっています。そもそも運営会社やその所在地に関する明確な情報も見当たらないため、信頼を得るために「認可を持っています」と主張するための虚言であるとみられます。

また、ウォレット型詐欺として有名なWoTokenと同じデベロッパー[IPHONE DISTRIBUTION: ART-METALL.OOO]であり、開発元が同じである可能性が非常に高いです。WoTokenが詐欺であると有名である以上、このSblockも安全とは言えません。

Sblockには他の詐欺ウォレット同様に紹介報酬制度が存在します。報酬は3段階に分けられており、1段階では100%2段階目にはプラスで10%、3段階目にはさらに5%と紹介者を増やすことで自身の利益を増やすことが可能な詐欺によく見られる手法となっています。

「出資してもらった資金を運用し還元する」としながら実際には資金運用せず、新規の出資者からの資金を既存の出資者へ還元として渡し、あたかも資金運用が行われているかのように見せかけながら資金を騙し取っていく[ポンジ・スキーム]となっていますので、新たに騙される参加者が減少すれば運用はうまくいかなくなり、出金を渋るようになりそのまま資金を持ち逃げするのが定石となっています。SBLOKもいつ出金できなくなるか不明のため、今のうちに資金を取り出しておくことをお勧めいたします。

 

関連記事

 


コインの森ではいつでも無料相談を受け付けておりますが、すぐさますべての質問に対して対応できるわけではなく、回答までに多少お時間をいただいてしまいますことを予めご了承ください。また、メールでの回答をさせていただいても、拒否設定になっている場合はお返事ができませんので設定確認をお願い致します。

※本記事は暗号通貨関連情報の共有・説明を目的としたものであり、暗号通貨投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には暗号通貨が法定通貨と異なり、価値が保障されているものではないということを理解したうえで、事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解して、自己判断・自己責任で行ってください。暗号通貨は必ずしも裏付けとなる資産を持つわけではなく、価格が急騰・急落する可能性のほか、突然無価値になってしまう可能性も存在します。取引を行う際にはその可能性を十分理解してから行ってください。また、暗号通貨を悪用した詐欺も増えておりますので、悪徳商法や詐欺には十分ご注意ください。

関連記事

  1. カザフスタンで仮想通貨人気に火が付いたか

  2. 昨日(11/28)のニュースまとめ

  3. 暗号通貨取引所の口座開設するにあたって

  4. Binance、上場手数料の真実

  5. 勢い増すRipple社とXRP

  6. 暗号通貨4種が通貨として認められる[アメリカ]

PAGE TOP

ニュース

メルカリ、Origamiを孫会社化[スマホ決済、再編進む]

ニュース

麻生大臣、「信頼性」に関する慎重な検討が必要[CBDC]

ニュース

昨日(1/24)のニュースまとめ

ニュース

CROSS exchange運営会社へ警告[金融庁の警告と効力]

ニュース

金融庁、違法な金融業者に関する情報更新[登録業者か確認を]

ニュース

ルーマニア、暗号通貨税制改正

ニュース

デジタル化に合わせた法整備[政治家への個人献金も]

ニュース

自民、デジタル通貨に関する提言[日銀のCBDC共同研究参加]