ニュース

スケーラビリティ問題の解決に新たな方向性が示される

価値が急騰する一方で、ビットコインではずっと叫ばれ続け、かつ解決していない問題がある。「コインの森」の記事中にも幾度となく登場している、スケーラビリティの問題である。

 

この問題にあるスマートコントラクトプラットフォームが解決策を提示しようとしている。

 

ルートストックを開発したスマートコントラクトプラットフォームRSK LabsによるGingerのテストが開始されるのだ。

 

Gingerは、RSKのプラットフォームでパブリックなオープンネットを提供するプロダクションネットワークであり、1秒間に100のトランザクションを処理できることにより迅速な決済が可能だ。

 

RSKのようなチェーンを利用することで、ブロックサイズ問題の処理とは別の方向でスケーラビリティ問題に対処できると言われている。(この技術は主にチェーンに関してのものだからSegWitとの共存が可能というわけだ)

 

この高速チェーンと圧縮プロトコルを利用したLumino Networkを組み合わせると理論上では1秒間に2000ものトランザクションを裁くことができるため、ビットコイン処理のまさに革命となり得る。

 

実際に運用するには今しばらくの試運転と調整の時間が必要になるだろうが、長期的視野に立つと、スケーラビリティ問題は決して解決できないマターではなくなった印象だ。

 

関連記事

  1. 急成長する仮想通貨「DASH」について

  2. 中国、ブロックチェーン技術の標準化を重点テーマに

  3. イギリスでもビットコイン強盗

  4. QuoinexにXRP(リップル)が上場完了!

  5. ビットコインキャッシュの価格が1,000ドル近くになる

  6. シルバーウィークに関して

PAGE TOP

ニュース

SEC「ICOは有用だが、証券法を守る必要がある」

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化