ニュース

スケーラビリティ問題の解決に新たな方向性が示される

価値が急騰する一方で、ビットコインではずっと叫ばれ続け、かつ解決していない問題がある。「コインの森」の記事中にも幾度となく登場している、スケーラビリティの問題である。

 

この問題にあるスマートコントラクトプラットフォームが解決策を提示しようとしている。

 

ルートストックを開発したスマートコントラクトプラットフォームRSK LabsによるGingerのテストが開始されるのだ。

 

Gingerは、RSKのプラットフォームでパブリックなオープンネットを提供するプロダクションネットワークであり、1秒間に100のトランザクションを処理できることにより迅速な決済が可能だ。

 

RSKのようなチェーンを利用することで、ブロックサイズ問題の処理とは別の方向でスケーラビリティ問題に対処できると言われている。(この技術は主にチェーンに関してのものだからSegWitとの共存が可能というわけだ)

 

この高速チェーンと圧縮プロトコルを利用したLumino Networkを組み合わせると理論上では1秒間に2000ものトランザクションを裁くことができるため、ビットコイン処理のまさに革命となり得る。

 

実際に運用するには今しばらくの試運転と調整の時間が必要になるだろうが、長期的視野に立つと、スケーラビリティ問題は決して解決できないマターではなくなった印象だ。

 

関連記事

  1. グーグルのダブルクリック広告サービスで不正マイニング

  2. 公共交通機関で暗号通貨決済導入[ブラジル]

  3. ベトナムでオンライン取引に暗号通貨禁止

  4. UBS会長「暗号通貨を取り扱うつもりはない」

  5. カメラメーカーの”コダック”がICOを延期

  6. 昨日(6/21)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

東南アジア諸国のブロックチェーン市場急成長[各国の取り組み状況]

ニュース

Zaif、MONA・BCHの流失額公表[各機関・団体の対応]

ニュース

昨日(9/21)のニュースまとめ

ニュース

RippleNet拡大、XRP急騰[ついに動き出したリップル]

ニュース

Binance、世界を制する取引所へ

ニュース

LINE,日本の暗号通貨業界をけん引していく存在へ

ニュース

昨日(9/20)のニュースまとめ

ニュース

NY当局に目をつけられた暗号通貨取引所[NYはもう金融の中心地ではなくなる]