ニュース

スケーラビリティ問題の解決に新たな方向性が示される

価値が急騰する一方で、ビットコインではずっと叫ばれ続け、かつ解決していない問題がある。「コインの森」の記事中にも幾度となく登場している、スケーラビリティの問題である。

 

この問題にあるスマートコントラクトプラットフォームが解決策を提示しようとしている。

 

ルートストックを開発したスマートコントラクトプラットフォームRSK LabsによるGingerのテストが開始されるのだ。

 

Gingerは、RSKのプラットフォームでパブリックなオープンネットを提供するプロダクションネットワークであり、1秒間に100のトランザクションを処理できることにより迅速な決済が可能だ。

 

RSKのようなチェーンを利用することで、ブロックサイズ問題の処理とは別の方向でスケーラビリティ問題に対処できると言われている。(この技術は主にチェーンに関してのものだからSegWitとの共存が可能というわけだ)

 

この高速チェーンと圧縮プロトコルを利用したLumino Networkを組み合わせると理論上では1秒間に2000ものトランザクションを裁くことができるため、ビットコイン処理のまさに革命となり得る。

 

実際に運用するには今しばらくの試運転と調整の時間が必要になるだろうが、長期的視野に立つと、スケーラビリティ問題は決して解決できないマターではなくなった印象だ。

 

関連記事

  1. EU議会が仮想通貨を匿名禁止にする改正案

  2. ドバイ、完全なブロックチェーン都市への一歩

  3. 暗号通貨取引は合法との声明[ポーランド]

  4. ルメール仏財務相、BTCや仮想通貨の重要性に言及

  5. クラーケン6月にサービス終了

  6. QuoinexにXRP(リップル)が上場決定

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

中国、ブロックチェーン・セキュリティ同盟

ニュース

島国に共通するブロックチェーン技術への取り組み

ニュース

中国格付け、EOSがETH抜いて1位

ニュース

【PR記事】$117M(約128億円)調達済みの暗号通貨決済プロジェクト Pum…

ニュース

マイニングのために150MWもの電気窃盗

ニュース

Microsoft、著作権問題解決に動き出す

ニュース

昨日(6/24)のニュースまとめ

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立