ニュース

リップルのウェブサイトがクラッシュ

仮想通貨の中でも最も大きな影響力をもつリップル、そのウェブサイトがクラッシュした。原因はなんだったのであろうか。

 

リップルが市場の確実性を目的として55億XRPを隔離すると発表してから、リップルのウェブサイトが一時的にクラッシュする自体に陥っていた。(現在は復旧している模様)

 

リップルは、投資家たちにあらかじめ供給スケジュールを提供しておくことによってXRPの投機的売買により価格が下がる問題を取り除く目的があるということを明記しており、これが半ば今回の隔離にも大義名分を与える文言となっているのだが

 

その大規模なオペレーションに、あまりにも強引だと批判的な意見も出てきている。リップルの価格上昇がこのところ、かなり急速にすすんでいたが、それに対応すべく、事実上取引に利用されていない部分を隔離したという行動原理だと踏んでいるわけだ。

 

仮想通貨のマーケットはこの半年ほどで急速に拡大しており、様々な仮想通貨が天文学的な急騰を繰り返している。

 

その一方で一部専門家には、バブルの到来を懸念する声も大きくなっており、リップルに関しても値が上がりすぎとの声は常に聞こえている。

 

仮想通貨が一過性もブームで終わらない為には技術の実用化が不可欠だが、現在は利用よりも投資、の流れが先行しており正しくバブル状態になっていると言える。

 

関連記事

  1. XRP,BTCの中央集権から抜け出す

  2. 八月一日のUASFまでにSegwit2x導入か

  3. 米仮想通貨取引所大手コインベース、イーサリアムベースの標準規格(ERC…

  4. 韓国、ハッキング被害の保険金支払われない問題

  5. ベネズエラ大統領、企業にペトロ支払いを受け入れるよう要請

  6. オーストラリアの空港で仮想通貨決済の導入検討

PAGE TOP

ニュース

ウォレットで直接送金・交換可能に[ウォレット業者による取引サービス]

ニュース

ダボス会議、共通テーマは[第4次産業革命]

ニュース

登録業者Xtheta、新たにコワーキングスペースオープン予定

ニュース

取引所による不正行為[韓国で有罪判決]

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ

ニュース

LiquidNetworkでの実証実験、開発支援プロジェクト[国内の動き]

ニュース

ワイオミング州、暗号資産を3つに分類[日本での仮想通貨の定義]

ニュース

サウジ・UAE共同で国際送金への取り組み[活発になる送金への試み]