ニュース

リップルのウェブサイトがクラッシュ

仮想通貨の中でも最も大きな影響力をもつリップル、そのウェブサイトがクラッシュした。原因はなんだったのであろうか。

 

リップルが市場の確実性を目的として55億XRPを隔離すると発表してから、リップルのウェブサイトが一時的にクラッシュする自体に陥っていた。(現在は復旧している模様)

 

リップルは、投資家たちにあらかじめ供給スケジュールを提供しておくことによってXRPの投機的売買により価格が下がる問題を取り除く目的があるということを明記しており、これが半ば今回の隔離にも大義名分を与える文言となっているのだが

 

その大規模なオペレーションに、あまりにも強引だと批判的な意見も出てきている。リップルの価格上昇がこのところ、かなり急速にすすんでいたが、それに対応すべく、事実上取引に利用されていない部分を隔離したという行動原理だと踏んでいるわけだ。

 

仮想通貨のマーケットはこの半年ほどで急速に拡大しており、様々な仮想通貨が天文学的な急騰を繰り返している。

 

その一方で一部専門家には、バブルの到来を懸念する声も大きくなっており、リップルに関しても値が上がりすぎとの声は常に聞こえている。

 

仮想通貨が一過性もブームで終わらない為には技術の実用化が不可欠だが、現在は利用よりも投資、の流れが先行しており正しくバブル状態になっていると言える。

 

関連記事

  1. メリルリンチがBTCの投信の受付を停止

  2. ブロックチェーンで綿花が取引される。

  3. コインチェック会見まとめ(2/13)

  4. 東欧のベラルーシは仮想通貨を非課税?

  5. ロシア中銀が仮想通貨に新たな警告

  6. SBI仮想通貨4種取扱予定

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

家計簿アプリのマネーフォワード、暗号通貨市場参入

ニュース

大和証券も!暗号通貨取引市場参入の意欲

ニュース

タイ、ICOでの資金調達可能資産を規制

ニュース

アルゼンチンの銀行がBTCでの国際送金開始

ニュース

コインチェック、6月中に全面再開予定

ニュース

イギリスのLMAX、暗号通貨市場参入

ニュース

XVGが2度目の51%攻撃受ける

ニュース

メキシコの規制状況