ニュース

リップルのウェブサイトがクラッシュ

仮想通貨の中でも最も大きな影響力をもつリップル、そのウェブサイトがクラッシュした。原因はなんだったのであろうか。

 

リップルが市場の確実性を目的として55億XRPを隔離すると発表してから、リップルのウェブサイトが一時的にクラッシュする自体に陥っていた。(現在は復旧している模様)

 

リップルは、投資家たちにあらかじめ供給スケジュールを提供しておくことによってXRPの投機的売買により価格が下がる問題を取り除く目的があるということを明記しており、これが半ば今回の隔離にも大義名分を与える文言となっているのだが

 

その大規模なオペレーションに、あまりにも強引だと批判的な意見も出てきている。リップルの価格上昇がこのところ、かなり急速にすすんでいたが、それに対応すべく、事実上取引に利用されていない部分を隔離したという行動原理だと踏んでいるわけだ。

 

仮想通貨のマーケットはこの半年ほどで急速に拡大しており、様々な仮想通貨が天文学的な急騰を繰り返している。

 

その一方で一部専門家には、バブルの到来を懸念する声も大きくなっており、リップルに関しても値が上がりすぎとの声は常に聞こえている。

 

仮想通貨が一過性もブームで終わらない為には技術の実用化が不可欠だが、現在は利用よりも投資、の流れが先行しており正しくバブル状態になっていると言える。

 

関連記事

  1. DMM Bitcoinはじまる

  2. 中国中銀、ブロックチェーンは「公に属す」

  3. ブロックチェーンで綿花が取引される。

  4. テックビューロ運営のZaifがアフィリエイト報酬の減額

  5. LINEが仮想通貨決済を検討

  6. 昨日(10/20)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

規制環境整備後の課題は人材育成か

ニュース

機関投資家参入に期待できるほど環境は整っているのか

ニュース

ドローンの個別認証にもブロックチェーン技術

ニュース

今週(10/14~10/21)の注目ニュース

ニュース

昨日(10/20)のニュースまとめ

ニュース

好材料供給が止まらないXRP

ニュース

世界統一基準での規制、いよいよか

ニュース

第7回の研究会、取引規制が焦点