ニュース

エイベックスとエクシヴィ、合弁会社設立へ[アニメ]

記事のポイント

  • エイベックスとエクシヴィ、合弁会社設立へ
  • 次世代アニメ制作ツール[AnICast]
  • アニメコンテンツの著作権管理も

エイベックス・テクノロジーズ株式会社は、株式会社エクシヴィと次世代アニメ制作ツール[AnICast Maker(アニキャストメーカー)]の商用化に向けた合弁会社設立に関する基本合意書を締結したことを発表した。技術発展・普及によって、コンテンツ制作に関する環境は変化しつつあり、これに対応すべく技術を活用した様々な取り組みが行われている。

 

エイベックスとエクシヴィ、合弁会社設立へ

926日、エイベックス・テクノロジーズ株式会社は、株式会社エクシヴィと次世代アニメ制作ツール[AnICast Maker(アニキャストメーカー)]の商用化に向けた合弁会社設立に関する基本合意書を締結したことを発表した。

エクシヴィはVR(仮想現実)/AR(各超現実)/MR(複合現実)の企画・開発・コンサルティングなどの事業を幅広く行う企業であり、エイベックス・テクノロジーズはエイベックス・グループにおける知的財産権(IP)を軸としたデジタルトランスフォーメーションに寄与することを目的に設立された企業である。両社は従来よりも短期間・少人数で低コストのアニメ制作を確立するために研究・開発を進めてきた。今回は目的であるアニメ制作に関する課題解決ツール、次世代アニメ制作ツール[AnICast]に関する特許管理を戦略的に行うことを目的とした合弁会社設立のために動く。

 

環境変化と次世代アニメ制作ツール[AnICast]

情報通信技術の普及・発達とともに、動画配信サービスやSNSといった新たなメディアが誕生し、コンテンツの制作・発信といったものは従来のように特別な技術や権利を有する者でなくとも、誰にでもできる身近なものへと変化しつつある。そうした中でコンテンツは日々数多くのものが誕生し、それに伴い消費サイクルは短縮され、即時性のあるコンテンツ提供が求められつつある。

今回、エイベックス・テクノロジーズとエクシヴィが商用化に向けて動いている次世代アニメ制作ツール[AnICast Maker]は、VR空間上に自由にキャラクターやカメラマンを配置し、それらのアバターの中に入って演技をすることで、アニメーションを制作することができるツールとなっており、誰でも素早く簡単にアニメ制作を可能にするものとなっている。そのため、前述のように短い消費サイクルの中で一定のクオリティを保ったアニメを作成することも可能となっており、環境に適応したコンテンツ制作が可能となる。

 

アニメコンテンツの著作権管理も

エイベックス・テクノロジーズは20195月、エイベックス株式会社によって、技術進化に伴う新たな知的財産権創造のあり方に呼応し、対応することを目的に設立された企業であり、知的財産権・著作権などを適正に管理し、アーティスト・クリエイターが適正な報酬を受け取れるような仕組みを構築するためにブロックチェーン技術を活用した技術開発も進めている。

今回はエクシヴィと[AnICast Maker]商用化に向けての動きが発表されたが、同ツールを利用して作成されたアニメコンテンツの著作権などをブロックチェーンを活用して保管・管理し不正利用などを防ぐ仕組みが導入されるのではないかと予想される。

  • ブロックチェーン技術 取引履歴を暗号技術によって過去から一本の鎖のようにつなげ、取引履歴・情報を正確に維持しようとする技術であり、P2Pネットワークを利用することで中央管理者を必要とせずにシステムを維持することが可能なものとなっている。分散され、中央管理者がいないため、データの改ざん・破壊に強いという特徴のほか、サーバーのダウンや中央管理者による不正にも強いものとなっている。

 

まとめ

エイベックス・テクノロジーズとエクシヴィがツール商用化に向けた合弁会社設立を発表した。前述の通り技術発展・普及によって、コンテンツ制作に関する環境は変化しつつある。そうした中で今回のAnlCast Makerのようなツールのほかに、株式会社Preferred Networkが技術提供している深層学習技術とブロックチェーン技術を活用したキャラクター生成プラットフォーム[Crypko(クリプコ)]なども存在しているほか、世界中のアニメファンが日本のアニメニュースを翻訳するブロックチェーンを活用した翻訳プラットフォームの実証実験が、株式会社bitFlyer Blockchain、株式会社イード、Tokyo Otaku Mode Inc.(TOM)、オタクコイン協会の4社共同で行われており、環境変化に対応すべく様々な取り組みが行われている。

 

関連記事

 


参考:エイベックス・テクノロジーズ株式会社[エイベックス・テクノロジーズとエクシヴィ、誰でも素早く簡単にアニメ制作が可能な次世代アニメ制作ツール「AniCast Maker」の商用化に向け合弁会社の設立に関する基本合意書を締結]

関連記事

  1. 取引所GMOコイン、マーケット情報ページリリース[情報入手しやすく]

  2. 昨日(12/18)のニュースまとめ

  3. 昨日(12/15)のニュースまとめ

  4. 暗号通貨バージ、ハッキング対策でハードフォーク実行

  5. カカオトークでも仮想通貨が使用されるか

  6. GMOマイニングチップ開発成功

PAGE TOP

ニュース

都内を中心に脱税スキームが跳梁跋扈[コインの森管理人]

ニュース

電緑、水産庁から調査研究を受託[産業保護のためのブロックチェーン]

ニュース

中国、暗号資産取引に関する注意喚起

ニュース

Factom(FCT)運営企業、解散手続き[資金難で]

ニュース

HuobiWallet、Credと提携[借入・貸出・利息]

コラム

FXトレーダーへの道 “初代仏のR特別講義”

ニュース

Binance、CoinMarketCapを買収

ニュース

昨日(4/2)のニュースまとめ