ニュース

Facebook、Libraの担保となる資産割合開示

記事のポイント

  • Libraの担保となる資産割合開示
  • ドイツ連議会議員の要請
  • 日本円は14%

暗号通貨プロジェクト[Libra(リブラ)]が担保とする資産の割合を報じた。同情報が開示されたことで、今後各国規制機関の対応に変化がみられるのかが注目されている。

 

Libraの資産割合

920日、ドイツのメディアが、Facebookらによる暗号通貨プロジェクト[Libra(リブラ)]が担保とする資産の割合を報じた。これは、ドイツ連邦議会の要請にこたえる形でFacebookが開示したものとなっている。割合は以下の通り。

  • アメリカドル   50
  • ユーロ      18%
  • 日本円      14%
  • シンガポールドル 7%

[Libra]では、国際的に主要な法定通貨を担保として、民間企業が中心となり通貨を発行するという点が、国家の通貨主権を脅かすものであると考えられ、金融安定や経済、国家そのものへの影響を及ぼす危険性があることから否定的な意見が多くみられている。今回の資産割合の情報開示を求めたドイツは、民間によるステーブルコインに対して厳格な法規制を設ける方針である。

  • Libra アメリカドルやユーロ、イギリスポンド、日本円といった国際的に信用力のある法定通貨を担保に運用されるステーブルコイン。その価値が突然失われることや急激な高騰なく、比較的安定した価格での利用が可能となっているとされている。ただ、この裏付けとなる資産の管理・価格調整をLibra協会が行うこととなっており、これら協会に加盟している企業らは国際的な影響力を持つ大手企業が名を連ねることから、経済だけでなく金融安定に大きな影響を及ぼすことが危惧されており、各国規制当局から否定的な発言が行われている。

 

関連記事

 


参考:SPIEGEL[Facebook verzichtet bei Libra auf chinesische Währung]

関連記事

  1. 暗号通貨禁止ではない!?[インド]

  2. 【PR記事】MINDOL、2度目のTOB実施中

  3. Zaif、時計コラボ第2弾開催予定

  4. これからの活躍に期待高まるNEM[ベルギー・ベネズエラ]

  5. 詐欺だけではない暗号通貨をめぐるトラブル[死体損壊と死体遺棄の容疑]

  6. タイ証券取引所、ブロックチェーンプラットフォーム開始

PAGE TOP

ニュース

ブロックチェーン投票の課題

ニュース

黒田総裁、アメリカで講演[新興国でのデジタル経済]

ニュース

金融犯罪とオリンピック[対日審査と金融機関の取り組み]

ニュース

「近鉄しまかぜコイン」の発行へ[国内地域通貨]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

詐欺的な投資勧誘に注意[初心者向け]

ニュース

仮想通貨の投資助言に関する法律[なんでも相談室]

ニュース

公正取引委員会、実態調査へ[キャッシュレス決済]