ニュース

突然の発表、Poloniexが17種類の仮想通貨の取引を5月中に終了

仮想通貨市場に激震が走っている。ビットコインをはじめ多くの仮想通貨を取引することのできる取引所であるPoloniexが、5月中に17種類の仮想通貨の取り扱いを終了すると突然発表したのだ。

 

仮想通貨取引所のPoloniexが取り扱っている仮想通貨のうち17種類の取り扱いを来月にも終了すると発表した。突然の発表なうえ、その理由も明らかにされておらず、関係者は大きな衝撃を受けている。

 

Poloniexは、ビットコイン以外の仮想通貨(オルタナティブコイン、アルトコイン)の取引量でかなりの規模を誇っている。多種類の仮想通貨の取引ができることから、仮想通貨トレーダーの利用者も多かったのである。

 

扱っているコインのうち、取引停止の対象となるのは、BBR, BITS, C2, CURE, HZ, IOC, MYR, NOBL, NSR, QBK, QORA, QTL, RBY, SDC, UNITY, VOX, XMGの17種類で、中には時価総額が5000万円を超えているものもあるという。

 

この一年で仮想通貨全体の取引量は増大しており、時価総額5000万円という数字は、必ずしも安全圏ではないのかもしれない。

 

今回の発表により、仮想通貨市場が混乱し、ビットコインに買いが集まっている。資産をいったん避難しようというわけだ。

 

混乱の中で、除外対象になっている仮想通貨Boolberryは、除外を避ける方法はないのかの説明を求めたが、未だなされておらず、ユーザーや開発者は不安の中にいるようだ。

 

関連記事

  1. ヨーロッパ以外でビットコインデビットカードのサービスを停止

  2. ブロックチェーンでホームレス・難民などの問題を解決へ

  3. RippleLabs、米国財務省の元財務次官補を採用

  4. ブロックチェーン技術で極小コンピュータ開発

  5. マスターカードが偽造ID対抗にブロックチェーン技術

  6. Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

PAGE TOP

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供

ニュース

丸紅、ブロックチェーン技術を用いた実証実験開始[電力供給システムの分散化]

ニュース

Amazon、オンライン決済利便性向上へ[インドのキャッシュレス促進]

ニュース

ビットポイント、タイでの暗号通貨サービスへ

ニュース

JVCEA、取引高・保有額に関する統計公表

ニュース

日銀、中央銀行デジタル通貨に関する論文公表

ニュース

投資被害・先物取引被害110番が開始

ニュース

昨日のニュースまとめ