ニュース

ドイツの金融監督庁がOneCoinの決済口座を凍結

ドイツ連邦金融監督庁(BaFin)がグレーベンに拠点を置くドイツの有限責任会社であるIMS International Marketing Services GmbHの銀行口座を凍結していることを発表した。

 

BaFinは、2017年4月5日の判決で、IMS International Marketing Services GmbHに、ドバイのOnecoin Ltdの「OneCoin」に出資する投資家との不正な送金業務を直ちに中止するよう命じた。

 

「IMSがビジネスを中止する命令を遵守できない場合、BaFinは15万ユーロの強制罰金を課す。業務終了命令の不遵守が確認された場合、15万ユーロの保金を課す。」という厳しい口調で警告している、なかなかの事態である。

 

BaFinは、OneCoinブランドの下でOnecoin Ltdは、世界的に見ても、ドイツで見ても、マルチレベルマーケティング構造を採用していると説明した。

 

その為、IMS International Marketing Services GmbHがOnecoinに提供するサービスは、BaFinによる事前の承認が必要な送金業務に分類される。規制当局は、会社は必要な権限を持っておらず、承認申請もうけていないと述べた。

 

英国の金融行動局(FCA)、ベルギーの金融サービス・市場局(FSMA)も最近、OneCoinに警告を発しており、各国で警鐘が鳴らされていたようである。

 

なお、BaFinは、Onecoinの違法性については言及を避けており、「その種の質問には回答できない」としている。

関連記事

  1. イギリス「クリプトジャッキングは主要なサイバー攻撃になる」

  2. 日本初の地域創生ICO!!

  3. ナスダックがブロックチェーン活用

  4. 住友商事、P2P取引へ参画【ブロックチェーン技術】

  5. 楽天ウォレット、キャンペーン開催[すでに口座開設されている方も対象]

  6. 昨日(10/3)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始

ニュース

監視ツール[SHIEDL]公式リリース

ニュース

BSV、アップデート[Quasar]予定【ブロックサイズ128MBから2GBへ】…

ニュース

BofA,Ripple社技術引用[RippleNet・xCurrent]

ニュース

Fidelity子会社、信託業登録申請[大手金融企業の動き]

ニュース

昨日(7/20)のニュースまとめ