ニュース

世界的大富豪が表明「全資産の1割は仮想通貨」

かつてフォーブス誌の億万長者リストに載り、フォートレスインヴェストメントやゴールドマンサックスのマネージャも務めた、Michael Novogratz氏が、ニューヨーク市内のハーバードビジネススクールで開かれたフォーラムで、「正味資産の10パーセントを仮想通貨でもっている」ことを表明し大きな話題を呼んでいる。

大物個人投資家も仮想通貨の将来性に夢中だ。

 

かつてフォートレスインヴェストメント、ゴールドマンサックスで活躍したMichael Novogratz氏が、仮想通貨には高い将来性が見込めると考えていることを明らかにした。

 

2013年、彼はビットコインの価格が急上昇することを予測した。彼は、周りの人々がその時の彼を笑っていたのを覚えているという。そこからの価格は非常にワイルドなもので2013年に1000ドルを突破したかと思えば、2015年には250ドルを割り込んだ。

 

しかし今実際に仮想通貨、とりわけビットコインの価格は上昇局面にあり、彼はビットコイン価格は2000ドルまで到達すると予想している。

 

その一方で、彼は仮想通貨はバブルもまた起こり得るという事を警告している。それをうまくコントロールするためには、多くの資金のうちのすべてではなく、一部を仮想通貨として持っておくことだと彼は言う。それは、ウォールストリートで古くから続く伝統のようなものなのだ、とも。

 

関連記事

  1. インドのHDFC銀、仮想通貨取引を目的としたクレジットカード利用禁止へ…

  2. BCCCが電子トークン「ZEN」の社会実験を開始

  3. レイブロックスがナノに改名

  4. 世界はビットコインが目障りでリップルを歓迎する

  5. アラブ首長国連邦もブロックチェーン技術戦略発表

  6. 保険会社もブロックチェーン

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

再生可能エネルギーを使用してマイニング

ニュース

XRPの高騰、将来への期待

ニュース

ポルノハブでも暗号通貨決済導入

ニュース

韓国取引所ビッサムが独自トークン発行

ニュース

P2Pプラットフォームで顧客確認

ニュース

G20後の政府の動き

ニュース

三菱UFJの暗号通貨実証実験開始

ニュース

Huaweiがブロックチェーン開発支援サービス