ニュース

大和・クレディセゾン資本業務提携[新たな金融サービス開発へ]

記事のポイント

  • 大和・クレディセゾン資本業務提携
  • 総合金融サービスの開発・提供を目的
  • 新たなペイメントサービスの開発も計画
  • 金融業界での変化

株式会社大和証券グループ本社と株式会社クレディセゾンは、次世代の総合金融サービスの開発・提供のため資本業務提携を行うことを発表した。IT企業と銀行との提携は多くみられるようになってきたが、クレジット大手と証券大手との資本業務提携は珍しく、この提携によってどのようなサービスが誕生するのか注目を集めている。

 

大和・クレディセゾン資本業務提携

95日、株式会社大和証券グループ本社と株式会社クレディセゾンは、次世代の総合金融サービスの開発・提供のため資本業務提携を行うことを発表した。資本業務提携の内容は以下の通り。

  1. 両社の既存プロダクトの相互相客及び新しい顧客基盤の開拓
  2. 両社のノウハウを組み合わせた新しい総合金融サービスの開発
  • (i)新しいペイメントサービスの開発
  • (ii)ローンビジネスの開発、協業推進
  • (iii)資産形成層向けの新しいサービス開発

これまで大和証券グループとクレディセゾンは独立系大手として、証券業界及びクレジットカード業界で活動してきたが、技術の発展などから経営を取り巻く環境は劇的に変化しており、金融サービスにおいても、金融と技術の融合フィンテックが活躍し既存のサービスからの変化が求められている。そうした状況のなか、両社はこれまで培ってきた証券事業及びクレジットカード事業を核とする金融ビジネスのノウハウと顧客ネットワークを活用・融合した、次世代の総合金融サービスの開発・提供を目的として、今回の資本業務提携の合意に至った。

大和証券グループがクレディセゾンの発行済み株式の5.01%を取得し事業会社として筆頭株式となり、クレディセゾンは大和証券グループの0.3%程度の発行済み株式を取得。前述の通り、変化しつつある金融業界に対応しつつ新たなサービス開発のために協力していく。

  • フィンテック(Fintech) 金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語であり、今までの金融サービスを技術と組み合わせたもののことを指す。地域間で利用できる金融サービス格差の是正や少子高齢化による労働人口減少に対して業務効率化で解決を図るなど、このフィンテック活用での問題解決が注目されている。また透明性や利用者にとっての利便性向上にも貢献するとして期待されている。

 

ペイメント・ローンサービス

今回の資本業務提携では、両社のノウハウを組み合わせた新しい総合金融サービスの開発が中心となっており、その具体的な施策としてペイメントサービスの開発やローンビジネスの開発、資産形成層向けの新しいサービス開発が存在している。

前述の通り、情報通信技術などの技術発展によって既存サービスにも変化が求められている。チャットサービスとして有名なLINE201811月にみずほFGと共同で銀行業へ参入することを発表し、20191月には野村HDと資本業務提携を行い証券業への参入を発表、とLINEを中心として決済や保険、投資、銀行と金融業への参入を行うなど、既存のサービスより手軽で利便性高いサービスが注目されつつある。

こうしたフィンテック活用の動きが強まる中で、みずほFG との提携解消にいたったクレディセゾン、三井住友銀行との提携解消となった大和証券はカードと証券の大手として互いに協力し新たなサービスを展開する。証券とカードという珍しい提携から、今後どのようなサービスが開発されるのか注目が集まっている。

 

まとめ

資本業務提携を発表した大和証券グループ本社とクレディセゾンが、どのようなサービスを提供するのか注目を集めており、両者ともに株価は上昇傾向にある。大和は2018年業務効率化・コスト削減のためのブロックチェーン技術を活用検討を目的とした検証を行っており、クレディセゾンはカードの不正利用防止のための分散型台帳技術導入の実証実験に参加していることから、新たなサービスはこれらブロックチェーン技術を活用し、両社で連携したサービスとなるのではないかと期待されている。

 

関連記事

 


参考:株式会社大和証券グループ本社[株式会社大和証券グループ本社と株式会社クレディセゾンとの資本業務提携に関するお知らせ]

関連記事

  1. ティム・ドレイパー氏、ビットコイン企業Hedgyに120万ドルを出資

  2. モナコインがSegWit導入可決、仮想通貨初の快挙

  3. Ripple社、[Just-in-time]の重要性について語る[Me…

  4. 昨日(12/14)のニュースまとめ

  5. ビットコインチャート分析@2017.11.10

  6. SBI,地域独自電子通貨発行支援

PAGE TOP

ニュース

CROSS exchange運営会社へ警告[金融庁の警告と効力]

ニュース

金融庁、違法な金融業者に関する情報更新[登録業者か確認を]

ニュース

ルーマニア、暗号通貨税制改正

ニュース

デジタル化に合わせた法整備[政治家への個人献金も]

ニュース

自民、デジタル通貨に関する提言[日銀のCBDC共同研究参加]

ニュース

WEF,CBDCに関する枠組み公表[国際的な動き]

ニュース

昨日(1/23)のニュースまとめ

ニュース

NEC,超高速次世代型ハイブリッドデータベース開発[共同研究]