ニュース

出金アドレスとは?[コインの森なんでも相談室]

質問のポイント

  • 出金アドレスとは何か
  • 出金アドレスとは「振込先」「宛先」のことです
  • 資産移動を行う際にはウォレットが必要となります

いつもコインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。今回、新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森ではページ下の「問い合わせ」からいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。内容によっては対応ができない場合もございますが、ご了承ください。また相談をされる際は、当サイトの返信メールを受信できるよう、ドメイン「coinsforest.com」の受信許可設定をお願いいたします。拒絶された場合の再送信は致しませんのでご了承ください。今回の質問は以下のものになります。

初めて仮想通貨をしたのですが出金方法で、出金アドレスの意味がわかりません。何か作成しないといけないのでしょうか?

 

回答:出金アドレスとは「振込先」のことです

「出金アドレス」というのは、銀行で言う「振込先」のことです。入金の際には入金アドレスが、出金の際には出金アドレスが必要となります。これは保有している暗号通貨を暗号通貨のまま、他のウォレットへ移動させる際に必要なものとなります。質問者様が、購入した暗号通貨を他の取引所やウォレットへ送金させたい場合には、その振込先のアドレスを取得する必要があります。

 

回答:資産移動させるにはウォレットが必要です

日本円の送金を行う際に相手の口座を知らなければ送金できないように、暗号通貨でも送金先のアドレスが必要となります。このアドレスはウォレットと呼ばれる暗号通貨管理の住所を表すものであり、「宛先」となっております。取引所であれば「コインの受取」から入金アドレスを作成することが可能で、Gincoやもにゃなどのウォレットサービスを利用している場合は「受取」でアドレスが表示されます。

ご質問者様が取引を行った取引所から他の取引所に資産を移動させたい場合は、送金先のアドレスを取得して、出金アドレスに入力することで出金することが可能となります。

 

まとめ

出金アドレスとは振り込め先のことであり、出金を行う際には必要なものとなります。そのため、暗号通貨での出金を行う場合には出金先となる別のアドレス・ウォレットを用意しておく必要があります。しかし、暗号通貨を売却し日本円での出金を希望している場合はこれらを用意する必要はなく、「日本円を出金」「出金」などから出金申請を行うことで、取引所に登録している銀行口座に日本円を移動させることが可能です。

 

関連記事

 


※コインの森ではいつでも無料相談を受け付けておりますが、すぐさますべての質問に対して対応できるわけではなく、回答までに多少お時間をいただいてしまいますことを予めご了承ください。また、メールでの回答をさせていただいても、拒否設定になっている場合はお返事ができませんので設定確認をお願い致します。

※本記事は暗号通貨関連情報の共有・説明を目的としたものであり、暗号通貨投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には暗号通貨が法定通貨と異なり、価値が保障されているものではないということを理解したうえで、事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解して、自己判断・自己責任で行ってください。暗号通貨は必ずしも裏付けとなる資産を持つわけではなく、価格が急騰・急落する可能性のほか、突然無価値になってしまう可能性も存在します。取引を行う際にはその可能性を十分理解してから行ってください。また、暗号通貨を悪用した詐欺も増えておりますので、悪徳商法や詐欺には十分ご注意ください。

関連記事

  1. ロシアが強い規制か

  2. EUで暗号通貨の犯罪に罰金を検討

  3. BTCChinaで仮想通貨トレードツールがサービス開始

  4. 国内初、マイニングマシン販売

  5. 世界最大級のSNS投資プラットフォームeToro、アメリカで暗号通貨サ…

  6. BCCCがトークンエコノミー部会新設

PAGE TOP

ニュース

昨日(9/14)のニュースまとめ

ニュース

金融商品保護の制度[預金・証券・保険]

ニュース

デジタル資産の相続

ニュース

経済産業省からレンタル移籍で株式会社VALUへ[人材育成プログラム]

ニュース

Libra開発、ドイツ・フランスは否定的[各国の考え]

ニュース

昨日(9/13)のニュースまとめ

ニュース

Sblockから資金を回収したい[コインの森なんでも相談]

ニュース

Santander、ブロックチェーン上債券発行