ニュース

取引所bitbank[国内取引所まとめ]

記事のポイント

  • 取引所bitbank
  • 取り扱い通貨
  • 提供サービス

現在国内では19の企業が金融庁に「仮想通貨交換御者」としての登録を完了させ、暗号通貨関連サービスの開発・準備・提供を行っている。本記事では国内暗号通貨取引所であり、の取り扱い通貨・サービス等についてまとめたものとなっている。

 

ビットバンク株式会社

2014年設立の暗号通貨取引所「bitbank」の開発運営を行っている暗号通貨企業。同取引所では、暗号通貨リップル(Ripple/XRP)の取引量世界No.1を達成するなど、XRPの取引が盛んに行われており、手数料などのキャンペーンが行われている。

 

取り扱い通貨
  • ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
  • ライトコイン(Litecoin/LTC)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • リップル(Ripple/XRP)
  • モナコイン(Monacoin/MONA)

 

提供サービス
  • 現物取引サービス 現在同取引所では、上記の取り扱い通貨で現物取引サービスを提供している。サービスは24時間365日利用できるほか、取引手数料は無料であり、パソコン・スマホでの取引が可能となっている。
  • 仮想通貨を貸して増やす bitbankと利用者間で暗号通貨の賃借契約を交わし、最大年率5%の暗号通貨を1年後に獲得できるサービスとなっている。1年間の満了期日を迎えると、この募集月に貸出した暗号通貨と、利用料が加算され、振り込まれる。貸出しているため、期間中はその資産を動かすことはできず、リスクが存在するものの、資産を有効活用することができる。ただ、銀行の定期預金のように預金保険の対象とはならないことは理解しておく必要がある。
  • BTCN 取引所サービスとは異なるが、ビットバンク株式会社が運営している暗号通貨・ブロックチェーン分野の総合ニュースメディアサイト。業界の最新ニュースのほか最新技術やプロジェクト、相場やコラムなどを掲載している。

bitbankでは販売所サービスは存在せず、現物取引・取引サービスのみの提供となっている。元々サービスを提供していなかったわけではなく、20191月に2015年より提供していたレバレッジ取引[bitbank Trade]のサービスを環境の変化を理由に終了しており、レバレッジ取引や販売所での暗号通貨取引を行いたい方には向いていない取引所となっている。しかしながら取引手数料を抑え、自分の納得できる現物取引を行いたいという方にとっては利用しやすい取引所となっている。

ただ、レバレッジ取引に関しては、日本では20193月の閣議決定により暗号通貨のレバレッジ取引が今後金商法の対象となる方針であり、国内では同取引サービスを提供する際に、暗号通貨交換業のほか金商法上での登録も必要となるとみられている。そうした動きの中でビットバンクはこれから証券業の登録申請を行う方針であることが報じられており、サービス提供のための堅実な環境を整えてから、再びレバレッジ取引サービスが提供されるのではないかとみられている。

 

キャンペーン

現在bitbankでは毎月1000秒から月末日の235959秒の期間で、合計売買額が1億円を超える取引者勢院に集計期間内の全取引の手数料20%をキャッシュバックする[プレミアムテイカー キャッシュバックキャンペーン]を開催している。これは国内第1位の取引量を獲得した記念に行われているもので、継続的に行われている。

 

関連記事

 


参考:ビットバンク株式会社

※本記事は暗号通貨業界の紹介・説明を目的としたものであり、暗号通貨投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には暗号通貨が法定通貨と異なり、価値が保障されているものではないということを理解したうえで、さらに事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解したうえで、自己判断・自己責任で行ってください。暗号通貨は必ずしも裏付けとなる資産を持つわけではなく、価格が急騰・急落する可能性のほか、突然無価値になってしまう可能性も存在します。取引を行う際にはその可能性を十分理解してから行ってください。また、暗号通貨を悪用した詐欺も増えておりますので、悪徳商法や詐欺には十分ご注意ください。

関連記事

  1. SamsungPay、Finabirと提携[サムスンとRippleNe…

  2. DMM、ADK新規事業開発支援プロジェクトに参画

  3. 大きく変わる投資環境 [セキュリティトークンが主流となる日は近い]

  4. 仏中銀総裁、仮想通貨で国際協調の対応を

  5. 仮想通貨の税金計算を取引履歴から簡単算出「G-tax」

  6. 機関投資家参入のための環境へ

PAGE TOP

ニュース

CROSS exchange運営会社へ警告[金融庁の警告と効力]

ニュース

金融庁、違法な金融業者に関する情報更新[登録業者か確認を]

ニュース

ルーマニア、暗号通貨税制改正

ニュース

デジタル化に合わせた法整備[政治家への個人献金も]

ニュース

自民、デジタル通貨に関する提言[日銀のCBDC共同研究参加]

ニュース

WEF,CBDCに関する枠組み公表[国際的な動き]

ニュース

昨日(1/23)のニュースまとめ

ニュース

NEC,超高速次世代型ハイブリッドデータベース開発[共同研究]