ニュース

AsicBoostの脆弱性を利用した不正マイニングが発覚

ビットコインの分裂危機にも影響したであろう重大な事実が明らかになった。

最大手マイニングファームのBitmainは独自技術「AsicBoost」を利用してマイニングを行うことで知られていたが、そのBitmainのマイナーがAsicboostの脆弱性を利用し、通常よりも素早くマイニングを行えることが明らかになったのだ。

 

即ち、Bitmainユーザーは、他のマイニングプールに対して優位性を持っていたことが明らかになったのであるが、そのBitmainのCEOであるJihan Wu氏がその事実を知っていた可能性を指摘されている。

 

そして、それがBitmainがSegwitの導入に頑なに拒否している理由だったのではないかとされているわけだ。

(Core側が支持するSegwitを導入すると、Asicboostを利用したマイニングができなくなってしまうからだ。)

 

また、ビットコインがBitcoinCoreとBitcoinUnlimitedに分裂するのではないかと危惧されたときに、Jihan Wu氏がUnlimitedを支持したのも同様の理由があったからだとされている。

 

今回のAsicboostの脆弱性の発見は、BlockstreamのGreg Maxwell氏によって発見されBitcoinCoreのメンバーに伝えられた。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 取引所Bittrex、取引停止対象の追加[合計74種の取引停止]

  2. UBS会長「暗号通貨を取り扱うつもりはない」

  3. 経済産業省からレンタル移籍で株式会社VALUへ[人材育成プログラム]

  4. データ流通プラットフォームの技術検証(トッパン・ZBB)

  5. 宮城県、有機野菜とブロックチェーン技術の融合

  6. ノルウェーのスカンディアバンクン、銀行口座と仮想通貨取引口座を一体化

PAGE TOP

ニュース

昨日(12/7)のニュースまとめ

ニュース

DNP・富士通と協力しプラットフォーム提供[情報銀行・ブロックチェーン]

ニュース

銀行間送金、実態調査[フィンテック企業の現状]

ニュース

アメリカ、デジタル通貨発行の必要性[中国・欧州・日本]

ニュース

昨日(12/6)のニュースまとめ

ニュース

BUIDL、Securitizeの100%子会社に[ブロックチェーン]

ニュース

博報堂、コンテンツ配布実験[ブロックチェーン]

ニュース

Bitgate、一部サービス停止[東郷証券]