ニュース

仮想通貨ウォレットメーカーのLedgerがフランスのMAIF等から資金調達

仮想通貨ウォレット(ハードウェア)の製造販売を手掛けるLedgerがフランスの大手保険会社MAIFの投資部門などから、シリーズAラウンドとして700万ドルの資金調達を行ったことが分かった。

 

今回の資金提供元にはMAIFの他、Xange, Wicklow Capital, GDTRE, Libertus Capital, Digital Currency Group, The Whittemore Collection, Kima Ventures, BHB Network ,Nicolas Pinto(個人)が参加している。

 

Legderのウォレットは、安全の確保された領域からコード(暗号鍵)とシステムとを直接オーケストレイトすることのできるOSを搭載しているのが特筆すべき特徴であり、「Nano S」や「Blue」といった主力製品を中心に世界中で50000台以上を売り上げている。

 

Legderは、企業やヘッジファンド、及び金融機関向けの新たなハードウェアモジュールの開発部門を立ち上げており、今回の資金調達と20名の従業員の新規採用で、マーケティング力と技術力の強化を図る目的がある。

 

様々な仮想通貨の市場価値が高まるにしたがって、暗号鍵のセキュリティに関する技術が重要性を増しており、Ledgerのような企業にも大きな注目が集まっている。

 

いわば、仮想通貨事業のサイドマーケットといえるのではないだろうか。

関連記事

  1. サイバー対策に本腰を入れた警視庁

  2. 中国マイニング禁止が解かれる

  3. ロシア、テレグラムを追い出し

  4. 中国ビットメイン、米でマイニングか

  5. アメリカ政府がUAEブロックチェーン開発を支援

  6. Lightning Labs、250万ドル資金調達、投資家はツィッター…

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

Microsoft、著作権問題解決に動き出す

ニュース

昨日(6/24)のニュースまとめ

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ