ニュース

ブロックチェーンを用いたシステムの評価軸が作成される

3月29日、経済産業省はブロックチェーン技術を用いた場合に得られる効用などをまとめた最初の評価軸を発表した。

 

昨今では、ブロックチェーンそれ自体の実験は国内外の各地で行われており、様々な形で、分散管理型システムのメリットが確認されつつある。

 

しかし、実際にどの程度のシステム合理化やコストカットに繋がるのかという比較は今まであまりなされてこなかったように思う。

 

今回経済産業省がまとめた評価軸は、既存のシステムをブロックチェーン技術を活用したシステムに置き換える場合の比較評価が、実証実験による結果評価とともに示されており、より俯瞰的にブロックチェーンを評価できるものとなっている。

 

品質、運用管理、コストの三つの大項からドロップダウンする形で細部に項目が連なっている形で詳述されており、例えば性能効率性の部分では、ブロックサイズがシステムそのものに与える影響(スケーラビリティ問題)にも触れており、ブロックチェーンに関する問題点も詳細に検討がなされていると感じた。

 

「評価軸は、ブロックチェーン技術を活用したシステムの特性を適切に表現し、想定する利用シーンにおいて、必要十分な評価項目を極力網羅的に提示することを目的とした。」

 

とされている通り、様々なユースケースでブロックチェーンを活用した際に、どのような利点、または問題点が発生するかという事に対して相当広く、そして丁寧に書かれており、今のところそういった種類の資料は少ないので、ブロックチェーンの導入を検討される方には一読の価値があると思われる。

 

経済産業省プレス

 

関連記事

  1. 米下院がヒアリング、政府サイバーセキュリティ対策のブロックチェーン活用…

  2. コインリストの規制遵守サービスの資金調達920万ドル達成

  3. 不正マイニングに警視庁が警告

  4. ビットコイン価格、200ドルを試す展開に

  5. 急成長する仮想通貨「DASH」について

  6. xCurrent(エックスカレント)とは?

PAGE TOP

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘

ニュース

SBI VC、14日からETHの取り扱い開始へ[暗号通貨の入出金は]