ニュース

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト[LibraとVenus]

記事のポイント

  • Binance,新たな暗号通貨プロジェクト
  • LibraVenus

世界的大手暗号通貨取引所であるBinance(バイナンス)は、法定通貨を担保としたステーブルコインとデジタル資産の開発を目的とした新たなプロジェクト[Venus()ヴィーナス]の提供の準備が整ったという発表を行った。FacebookによるLibraと類似しているものの、Venusでは暗号通貨関連の開発・利用が主目的となっている。

 

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト

819日、世界的大手暗号通貨取引所であるBinance(バイナンス)は、法定通貨を担保としたステーブルコインとデジタル資産の開発を目的とした新たなプロジェクト[Venus()ヴィーナス]の提供の準備が整ったという発表を行った。同プロジェクトは、Facebookが進めようとする暗号通貨プロジェクト[Libra]と類似したものとなっている。

同取引所が開発する独自のバイナンスブロックチェーン上でイギリスポンド(GBP)やビットコイン(BTC)のステーブルコインを発行し、国際送金をよりよいものにするというものである。現段階ではLibraのようなホワイトペーパーは存在していないものの、準備が整ったという内容の発表が行われたことから、そう遠くない将来において公表されるとみられている。

  • ステーブルコイン Stablecoinはその名の通り、価格が安定したコインとなっている。法定通貨や資産を担保とし価値を担保しているものや他の暗号通貨と連動しているもの、スマートコントラクトで発行しているものなど様々な種類がある。暗号通貨の銀行口座を介さずに送金ができるメリットや法定通貨や資産と連動させることで暗号通貨と比較して価格が安定しているメリットと、法定通貨と暗号通貨の利点を併せ持ったものとなっている。
  • Binance マルタに拠点を構える暗号通貨取引所。世界的に取引サービスを提供しており、取り扱っているコインの多さ、問題発生時の対応の速さや良さから高い信頼を得ている取引所である。同取引所による分散型取引所(DEX)の開設や先物取引所の開設、アメリカ市場特化型の取引所開設等々、用途や需要に合わせた取引所の構築に注力しているほか、DEX流動性向上のための独自通貨BTCBの発行やイギリスポンドと連動したステーブルコイン発行計画などを予定している。

 

LibraVenus

Libraプロジェクトで発行される暗号通貨[Libra]はアメリカドルやユーロ、イギリスポンド、日本円といった国際的に信用力のある法定通貨を担保に運用されるため、その価値が突然失われることや急激な高騰なく、比較的安定した価格での利用が可能となっているとされている。ただ、この裏付けとなる資産の管理や[Libra]の価格調整は、加盟に約11憶円の拠出が必要となるLibra協会が行うこととなっており、これら協会に加盟している企業らは国際的な影響力を持つ大手企業が名を連ねることから、経済だけでなく金融安定に大きな影響を及ぼすことが危惧されているのである。

一方で、今回発表されたBinanceによるVenusでは、企業だけでなく政府の参加も歓迎しており、よりオープンで透明性の高いコミュニティを形成しながら、国際送金サービスの向上や世界経済の寡占状態を分散することを目指すことを明言している。

Libraでは開発された共通通貨となる[Libra]を利用し新たな経済圏を築くということが主となっているが、Venusでは同プロジェクトを通じて法定通貨を担保としたステーブルコインの発行や暗号通貨送金を促すなどの世界的な暗号通貨の開発・利用を促すことを主目的としたものとなっている。ホワイトペーパーが公開されていない現時点ではまだ、評価できないもののLibraとはまた異なる国際的な暗号通貨の動きが見られそうである。

  • ホワイトペーパー プロジェクトに関する具体的な開発計画やどのような技術を利用しているのか、法的な性質に関する説明や通貨の機能・発行量に関する情報が記載されているもの。

 

まとめ

Venusの発表により、より暗号通貨に関する国際的な注目度が高まるのが予想される。Libraに関しては否定的な意見も多いものの、それに続く形で発表されたVenusに対してはどのような反応がみられるのか注目しておきたい。また今回のVenus計画が、アメリカ企業を中心とした世界的な暗号通貨プロジェクト[Libra]に対抗した、中国企業によるプロジェクト[Venus]となり、米中での暗号通貨競争が始まるのではないかという見方もあるようだ。

 

関連記事

 


参考:Binance[币安启动启明星(Venus)计划”]

関連記事

  1. XRP基軸化とともにxRapid導入も進む

  2. [PayPayだけじゃない]LINE Pay・楽天ペイでもキャンペーン…

  3. ステーブルコイン、取引所に続々上場

  4. ICO案件@2017.12.26

  5. インド大手商業銀行とRipple社提携[国際送金の利便性向上]

  6. ECBドラギ氏、仮想通貨を軽視

PAGE TOP

ニュース

昨日(9/14)のニュースまとめ

ニュース

金融商品保護の制度[預金・証券・保険]

ニュース

デジタル資産の相続

ニュース

経済産業省からレンタル移籍で株式会社VALUへ[人材育成プログラム]

ニュース

Libra開発、ドイツ・フランスは否定的[各国の考え]

ニュース

昨日(9/13)のニュースまとめ

ニュース

Sblockから資金を回収したい[コインの森なんでも相談]

ニュース

Santander、ブロックチェーン上債券発行