ニュース

分裂危機にビットコイン取引所が連名で共同声明

世界で最も浸透している仮想通貨、ビットコインの世界。しかし、ここ最近は二つの勢力がせめぎ合い、ハードフォークによる分裂までもが予想されている。その二つの勢力がBitcoin CoreとBitcoin Unlimitedである。

 

 

Bitcoin Coreは現在のビットコインの本流であり、Bitcoin Unlimitedは新興勢力である。両者は同じビットコインというルーツを持ちながらも、スケーラビリティ論争で食い違い今や埋めがたい溝ができている。

 

これに対して、世界でビットコインを扱う複数の取引所が共同声明を発表した。

 

懸念されているBitcoin CoreとBitcoin Unlimitedの分裂、具体的にはBitcoin UnlimitedがBitcoin Coreに対して互換性のないハードフォークを行うことによって二つに分かれた場合、Bitcoin Coreの主導する側をビットコイン(BTC)、Bitcoin Unlimited側のビットコインを新しい仮想通貨(BTU)と扱う、とする内容である。

 

発表したメンバーにはbitfinex、bitstamp、bitsquareなど大手が名を連ねており、日本の取引所からもbitbank、coincheck、Zaifの三社の名前が含まれている。

 

仮想通貨の分裂は、以前イーサリアムが、イーサリアムとイーサリアムクラシックに分裂した際にも起きているが、今回の共同声明には、Bitcoin Unlimited側をけん制する意図があるとみられる。

 

この状況でBitcoin Unlimitedがハードフォークを強行すると、最悪の場合BTUは扱われなくなってしまうという事態に陥るからである。

 

未だ主張の食い違いで両者が譲らない展開となっているが、和解する未来は用意されているのだろうか。

関連記事

  1. アップル共同創業者ウォズニアック氏、ビットコインを騙し取られたことを告…

  2. SEC、詐欺的なICOを実施した企業を起訴

  3. LINEが仮想通貨業界に参入

  4. 国内で新たな仮想通貨自主規制団体が設立へ

  5. タイ王国でICOの規則を進める

  6. ビットコインで支払えるアレの受付、はじまる。

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

台湾は11月に新たな規制施行予定

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

ニュース

イーサリアムのブリテン氏、トロンを批判

ニュース

マイニングに対する各国の動き

ニュース

国内の暗号通貨決済可能店【一覧】

ニュース

広告業界でもブロックチェーン技術活用

ニュース

暗号通貨関連求人の募集倍増