ニュース

ブロックチェーンで町おこし、富士市

静岡では、静岡銀行が中心となり、地域新興もかねたブロックチェーンの実証実験が行われているという。

 

静岡県富士市の吉原商店街では、少し変わったクーポンが利用できる。

 

使い方はとても簡単だ。スマートフォンに専用アプリのケーション「ネコバン」をダウンロードすると、ポイント型のクーポンが発行される。

 

このクーポンを商店街の協力店で提示すると割引サービスが受けられるという仕組みだ。

 

このお買いものサービスは、ブロックチェーンテクノロジーをベースとしており、スマートフォンのアプリ上にクーポンを配布することで、小売店などでの購買行動を促進させることを狙いとしている。

 

こうした、ブロックチェーン技術を活用した地域のクーポン型の取り組みは全国でもネコバンが初である。

 

静岡銀行は、富士市吉原商店街での活用事例が好評である場合には、県内の他の商店街にも導入をアナウンスしたいと考えているようだ。

 

ネットでの買い物が増えた昨今、苦しむ個人商店の助け舟となれるかが期待されている。

 

先月、2月の11、12日に行われたグルメの祭典「東海北陸B1グランプリ」の会場でも、来場者に向けて商店街が専用ブースを設置し、「ネコバン」の利用方法を広める等の周知活動が行われた。

 

担当者は「ネコバンで、多くの方々に電子クーポンの便利さを感じてもらう一方で、新たに見つかるであろう課題の検証にも役立てていきたい」とした。

関連記事

  1. コインリストの規制遵守サービスの資金調達920万ドル達成

  2. オウケイウェイヴが仮想通貨業界へ進出

  3. 仮想通貨の暴落をうけてネットでは自殺防止ホットライン

  4. Ginco、XRPにも対応!!

  5. 1週間(8/27~9/2)のニュースまとめ

  6. [PR記事]堅実で安心な取引所運営会社、株式ビットポイントジャパン

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨詐欺にあわないために

ニュース

金融機関はどう変化するか[デジタル化]

ニュース

法手通貨と暗号通貨[CBDCの可能性]

ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

ニュース

政府への信頼[政府統計・公文書の管理]

ニュース

イスラエルで機関投資家向け暗号通貨ファンド運用開始

ニュース

取引量急増、注目集まるファクトム(FCT)とは?

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ