ニュース

SBIインベストメントがWirexに300万ドルの出資

日本でネットバンキングなどを中心とした金融総合サービスを営む企業SBIホールディングス傘下のSBIインベストメントが、イギリスに本拠を構えオンラインバンキングのプラットフォームを運営するWirexに300万ドルの出資を行ったことが明らかになった。

 

 

日英のオンライン銀行が手を取り合うようだ。日本でネットバンキング大手のSBIがイギリスのWirexに300万ドルを出資した。

 

Wirexはビットコイン等の仮想通貨でVISAやマスターなどのクレジットサービスを利用できるプラットフォームを運営しており、同社の提供するアプリケーションを利用すると、仮想通貨をドルやポンドなどの法定通貨に素早く換金できる。

 

そこからプリペイドカードに資金を動かせば、事実上仮想通貨でVISAやマスターのサービスを利用することができるというわけだ。このサービスは既に世界中で好評を得ており、今や50万人の人々がWirexを利用している。

 

対応する法定通貨には未だ日本円が含まれていないが本年中には対応の予定であるとしている。

 

SBIインベストメントは、FinTechファンドと称し、FinTechを利用した有力なベンチャー企業に資金を出資しており、今回の投資はその一環であるとしている。

 

仮想通貨を日本円に変えることができれば、多くのサービスの可能性が提示できるだろうから日本の人々にとっては朗報である。

 

Wirexのサービスが日本円に対応してこれば、ビットコイン取引の盛んな日本では、多くの利用者を得ることが予想できる。お互いに益のあるサービスになるだろうから、大いに期待して待ちたい。

 

関連記事

  1. シンガポールにてブロックチェーン会議が開催予定

  2. ブロックチェーンに対する各国大学の取り組み

  3. Bainance、素早い対応

  4. BTC保持者の身元特定システム開発

  5. 朗報続々、Rippleの快進撃

  6. 子供へのお小遣いもデジタル通貨がメジャーに?

PAGE TOP

ニュース

XRPの注目高まる[Liquidのレバレッジ取引に追加]

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ