ニュース

SBIインベストメントがWirexに300万ドルの出資

日本でネットバンキングなどを中心とした金融総合サービスを営む企業SBIホールディングス傘下のSBIインベストメントが、イギリスに本拠を構えオンラインバンキングのプラットフォームを運営するWirexに300万ドルの出資を行ったことが明らかになった。

 

 

日英のオンライン銀行が手を取り合うようだ。日本でネットバンキング大手のSBIがイギリスのWirexに300万ドルを出資した。

 

Wirexはビットコイン等の仮想通貨でVISAやマスターなどのクレジットサービスを利用できるプラットフォームを運営しており、同社の提供するアプリケーションを利用すると、仮想通貨をドルやポンドなどの法定通貨に素早く換金できる。

 

そこからプリペイドカードに資金を動かせば、事実上仮想通貨でVISAやマスターのサービスを利用することができるというわけだ。このサービスは既に世界中で好評を得ており、今や50万人の人々がWirexを利用している。

 

対応する法定通貨には未だ日本円が含まれていないが本年中には対応の予定であるとしている。

 

SBIインベストメントは、FinTechファンドと称し、FinTechを利用した有力なベンチャー企業に資金を出資しており、今回の投資はその一環であるとしている。

 

仮想通貨を日本円に変えることができれば、多くのサービスの可能性が提示できるだろうから日本の人々にとっては朗報である。

 

Wirexのサービスが日本円に対応してこれば、ビットコイン取引の盛んな日本では、多くの利用者を得ることが予想できる。お互いに益のあるサービスになるだろうから、大いに期待して待ちたい。

 

関連記事

  1. ビットコイン、ギリシャ国民投票の影響もあり高値維持

  2. Q&Aサイトの「OKWave」、ビットコインでお礼が可能に

  3. TDバンク、仮想通貨売買でのクレジットカード使用を禁止

  4. 韓国、暗号資産課税枠組み・規制を発表

  5. CIRCLEがMobileペイメントネットワークを構築

  6. ロシア法定、ビットコイン関連サイトの禁止を解除決定

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

取引所に続きNewfoundもマルタへ

ニュース

ETHを証券として扱う検討に反発

ニュース

豚の貯金箱ではなくスマート貯金箱

ニュース

タイ、暗号通貨課税の再検討を求める声

ニュース

クリプトジャッキングがサイバー犯罪として有力に

ニュース

IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

ニュース

マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

ニュース

暗号通貨取引所のCEOが市長選挙へ立候補