ニュース

シンガポールにてブロックチェーン会議が開催予定

アジア屈指の金融の先進地帯、シンガポール。税制上の優遇もあり、多くの投資家がシンガポールを投資の拠点にしていることはよく知られている。ここで今年6月にブロックチェーンの戦略会議(Blockchain for Finance)が行われるのだという。

 

アジアの金融機関が多数集まってブロックチェーン技術に関する戦略会議をシンガポールで行う計画がある。イギリスのブロックチェーン関連団体のFinTech Networkがホストとなるようだ。

 

アジア、オーストラリアを中心に多くの金融機関の参加が予定されており、日本からもMUFG(三菱東京UFJフィナンシャルグループ)やみずほ、といったメガバンクが参加予定である。

 

会議では、主にブロックチェーンの技術を実際の金融の現場にどうやって持ち込むのか、といった技術利用の方法などについて話し合われるが、参加金融機関の中には、BNY MellonやNordeaのように既にブロックチェーンを実装しているところもあるため、そういった機関が話し合いで中心的立場になると考えられる。

 

シンガポールにおける金融とブロックチェーンのつながり、という事では、最近マイクロソフト社と、監査・税務大手のKPMGが共同してブロックチェーンハブを作るという構想も発表されており、着々とブロックチェーン先進地になりつつある。

 

ビットコインは十分成功しているが、ブロックチェーンは未だ大きな力を残しているというのが、よく聞かれる「ブロックチェーン評」なのだが、それを覆す成功が今後望めるかどうかはこういったカンファレンスから生み出される結果にかかっている、できればあと数年内に大きなサクセスモデルがほしいところだ。

関連記事

  1. 南アフリカ警察、暗号通貨詐欺調査開始

  2. ソフトバンクらブロックチェーン上での認証技術開発

  3. FTC、暗号通貨詐欺に関するイベント開催

  4. イーサリアムブロックチェーンにゲームが負荷をかけている?

  5. スイスの金融当局がICOの調査へ

  6. VISAカードが仮想通貨の普及を促進させる

PAGE TOP

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

ニュース

CBDCの実現