ニュース

HashHub、マクロミルと共同で実証実験[Lightning Network]

記事のポイント

  • HashHub、マクロミルと共同で実証実験
  • Lightning Networkを用いた即時送金も検証
  • Lightning Networkの活用

株式会社HashHubは株式会社マクロミルと共同でLightning Networkを利用したアンケート運用の実証実験を開始することを発表した。国内では株式会社NayutaLNに準拠したソフトウェア[Ptarmingan]を開発。MicrosoftAzure上で公開し、現在同ソフトウェアの利用検証が進められ、LNへの研究が増えつつある。

 

HashHub、マクロミルと共同で実証実験

81日、株式会社HashHubは株式会社マクロミルと共同でLightning Networkを利用したアンケート運用の実証実験を開始することを発表した。HashHubは様々な業界の企業と連携してブロックチェーン技術の産業適用の支援や共同開発を行っており、同実験は株式会社マクロミルがデジタルマーケティング分野における知見・サービス拡充を目指す取り組みの一環であるが、これにHashHubが協力する形となっている。また、今回はHashHubと株式会社マクロミルが共同で実施するアンケート調査協力への報酬として、Lightning Networkを用いて即時にビットコインを付与する仕組みについて検証するものとなっている。

アンケート調査は、「仮想通貨およびブロックチェーン技術の認知度」を主とした構成のインターネットリサーチ形式で行われる。このアンケートは、マクロミルモニタ対象にも実施し、マクロミルポイントを付与する通常の手順で実施。マクロミルモニタおよびHashHubから得られた回答は株式会社マクロミルにて分析し、一般の生活者グループと仮想通貨利用者および興味関心のあるグループにおける認知度比較などをレポートにまとめ、その内容を019924日に開催予定の公開イベントで共有する予定となっている。

 

Lightning Networkの活用

Lightning Networkとは、暗号通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)のブロックチェーン上に決済専用の層を設け、そこで決済を負担させることで即時に大量の取引処理、少額の取引も可能にする技術となっている。この技術は2015年に論文が公開され、ビットコインにあった取引手数料や取引速度といった実際に決済手段として利用する際に合った課題を解決する技術として注目されている。ただ、前述の通り比較的新しい技術であることから、同技術を利用したサービスはいずれも実験段階であることが多く、まだ実験段階を脱していない技術となっている。

国内では株式会社NayutaLNに準拠したソフトウェア[Ptarmingan]を開発。MicrosoftAzure上で公開し、現在同ソフトウェアの利用検証が進められている。

 

まとめ

今回のHashHubとマクロミルとの共同実験はLightning Networkを活用して謝礼金であるビットコインを即時に送金することも検証される。まだ国際的にも実験段階を脱していない同技術の実証実験が数多く行われることで、実装が近づいていく。

 

関連記事

 


参考:株式会社HashHub[ブロックチェーンスタジオHashHubLightning Networkを活用したマーケティングの共同実験をマクロミルと開始]

関連記事

  1. インドのHDFC銀、仮想通貨取引を目的としたクレジットカード利用禁止へ…

  2. SBI,カンボジアで銀行業参入

  3. モルガンスタンレーが先物決済を請負へ

  4. 昨日(3/5)のニュースまとめ

  5. 中国、ブロックチェーン技術の標準化を重点テーマに

  6. SBIインベストメントがWirexに300万ドルの出資

PAGE TOP

ニュース

アメリカ、CBDCに動き[アメリカドル1強の地位]

ニュース

新経済連盟、改正法に関する意見提出[STO・デリバティブ]

ニュース

バハマ、2020年後半にデジタル通貨導入へ[CBDC]

ニュース

昨日(2/14)のニュースまとめ

ニュース

マルチ商法とねずみ講、特定商取引法[コインの森解説]

ニュース

今後分離課税に改められる可能性はある?[コインの森何でも相談室]

ニュース

詐欺被害に合いやすい方に見られる特徴[コインの森解説]

ニュース

警察庁、[令和元年の犯罪情勢【暫定値】]公表【「対面型犯罪」から「非対面型犯罪」…