ニュース

フィリピンで仮想通貨取引業が登録制に

最近何かと物騒な話題の多いフィリピンにもついに仮想通貨の規制法案ができたということだ。

 

フィリピンは人件費も安く、欧米メーカーの生産拠点として、東南アジアとともによく生産工場を置かれる国のひとつである。

 

そんなフィリピンでも仮想通貨は大流行しており、主に出稼ぎフィリピン人が送金手段として手数料の安いビットコインを選択するため、その海外送金額はもはや200万ドルにも上ると言われる。

 

先日、フィリピン中央銀行の、Bangko Sentral Ng Pilipinas(以下、Bangko Sentral)が、仮想通貨取引業の登録制、アンチマネーロンダリング等を盛り込んだ、仮想通貨取引業のガイドラインを発表した。

 

目的としては、マネーロンダリング対策や、テロ組織の資金調達対策が肝である。これは、中国、日本など、どこの国でも仮想通貨規制の第一声に持ってくるいわばお決まりの手筋である。

 

Bangko Sentralは、仮想通貨取引業者に、10万フィリピンペソでライセンスを発行する、更新料も年間10万ペソとなる。(現在のレートで約23万円ほど)

 

また、同行は仮想通貨の金融サービスにもたらす可能性を認識しているものの、価値の裏付けのない通貨を利用するということを積極的に推奨することはできない。今回の規制も仮想通貨の推奨というよりは、マネーロンダリング対策、対テロ対策としての色が強い、ということを述べている。

関連記事

  1. モルガンスタンレーが先物決済を請負へ

  2. EU、世界的対応に先立ち域内での仮想通貨規制も除外せず

  3. 短期的な値幅取りを意識したスタンス

  4. 今注目のAidos Kuneen(ADK)とは

  5. 金融庁が「コインチェック」に業務改善命令

  6. 大学で暗号通貨・ブロックチェーンに関する学科が新たに開設

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/17)のニュースまとめ

ニュース

Microsoft、分散型IDの開発を発表[個人情報も自分で守る環境へ]

ニュース

制裁回避手段としての利用準備を進めるイランと監視強化を行うアメリカ

ニュース

ビッグデータの活用、分散型への歩み

ニュース

昨日(10/16)のニュースまとめ

ニュース

国内で進むブロックチェーンの活用

ニュース

Coinbase、投資家向けサービス終了へ

ニュース

ウガンダの法定通貨で取引可能な取引所[Binanceが進出]