ニュース

仮想通貨ウォレットを狙った新たなマルウェアが発見される。

セキュリティソフトウェアの製造と販売を行っているCyrenがパソコン機器などコンピュータ上の仮想通貨ウォレットから、ログインデータや仮想通貨を盗み出すマルウェアの存在を報告した。

 

サイバーセキュリティソフトウェア会社のCyrenが、仮想通貨ウォレットを狙った悪質なマルウェアを発見したようだ。

 

同社のブログでは、ウィルスは金融機関の取引通知を装って送付されることが多く、その多くはPDFファイルに仕込んだキーロガーでパスワードを盗み出すのだという。

 

実際、送付されるメールはフォーマットも金融機関が送付しているものに酷似しており、PDF形式自体も、金融機関がよく使うファイル形式であることから、アメリカやシンガポールがメインターゲットにされているようで多くの報告が出ているという。

 

マルウェア付きのファイルのリンクをうっかりクリックしてしまうと、キーロガーが自動的にインストールされる恐れがある。キーロガーは侵入に成功すると「Bitcoin, Namecoin, Litecoin, Anoncoin, BBQcoin, Bytecoin等」

 

様々な仮想通貨で検索を掛けキーを盗み出す。

 

一般的なセキュリティソフトウェアでも駆除できることは多いようだが、駆除できてもキーを盗まれては後の祭りである。

 

知らないメール、よくわからないリンク先は絶対にクリックしないように気を付けてほしい。

 

また、取引に利用しているメールがあるのであれば、アドレスを「仮想通貨取引○○社XWZ」など独自の名前付けで登録し、誤認を防ぐというのも、地味な方法だが、有効だと思われる。

 

関連記事

  1. ロシアが独自通貨発行へ

  2. Ripple、新認証システム導入に向け新規登録を一旦停止

  3. スイスの証券取引にビットコインが利用可能に

  4. イーサリアムでも決済へ

  5. インドの最高裁判所の見解

  6. ビットコインの税収詐欺とは

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP