ニュース

仮想通貨ウォレットを狙った新たなマルウェアが発見される。

セキュリティソフトウェアの製造と販売を行っているCyrenがパソコン機器などコンピュータ上の仮想通貨ウォレットから、ログインデータや仮想通貨を盗み出すマルウェアの存在を報告した。

 

サイバーセキュリティソフトウェア会社のCyrenが、仮想通貨ウォレットを狙った悪質なマルウェアを発見したようだ。

 

同社のブログでは、ウィルスは金融機関の取引通知を装って送付されることが多く、その多くはPDFファイルに仕込んだキーロガーでパスワードを盗み出すのだという。

 

実際、送付されるメールはフォーマットも金融機関が送付しているものに酷似しており、PDF形式自体も、金融機関がよく使うファイル形式であることから、アメリカやシンガポールがメインターゲットにされているようで多くの報告が出ているという。

 

マルウェア付きのファイルのリンクをうっかりクリックしてしまうと、キーロガーが自動的にインストールされる恐れがある。キーロガーは侵入に成功すると「Bitcoin, Namecoin, Litecoin, Anoncoin, BBQcoin, Bytecoin等」

 

様々な仮想通貨で検索を掛けキーを盗み出す。

 

一般的なセキュリティソフトウェアでも駆除できることは多いようだが、駆除できてもキーを盗まれては後の祭りである。

 

知らないメール、よくわからないリンク先は絶対にクリックしないように気を付けてほしい。

 

また、取引に利用しているメールがあるのであれば、アドレスを「仮想通貨取引○○社XWZ」など独自の名前付けで登録し、誤認を防ぐというのも、地味な方法だが、有効だと思われる。

 

関連記事

  1. 中国マイニング大手が閉鎖へ

  2. 中国の暗号通貨詐欺、47,000人被害か?

  3. リップル界隈の盛り上がり

  4. 金融庁が「みなし仮想通貨交換業者」を公開

  5. インドビットコインサービス大手Zebpay が新たに500万ドルを調達…

  6. 大手取引所QUOINEが約17億円を調達、本社も日本に移転へ

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める

ニュース

テレグラムのICOは既に900億円調達済

ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

ニュース

コインベースが大規模決済サービスへ