ニュース

分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]

記事のポイント

  • 分散投資とは
  • リスクを抑えるためにも情報収集には注力

前回【投資のリスクとリターン】で説明させていただいた通り、投資には様々なリスクが存在します。そのリスクを低減させて、高リターンを目指す友好的な方法として分散投資というものがあります。今回はその分散投資についての記事となります。

 

分散投資とは

投資には様々なリスクがありますが、そのリスクを減らす方法の一つとして分散投資というものがあります。分散投資とはその名の通り、資産や地域・時間を分散することで、全ての資産を1つの金融商品に集中させるよりもリスクが低く抑えられるようになっています。

  • 資産の分散 株式・債券・保険と商品には様々なものが存在します。しかしこれらの商品すべてが、常に同じ動きをするわけではありません。異なる値動きをする資産や銘柄を組み合わせて行うことで、特定の資産が値下がりした分を他の資産でカバーすることが可能になり、価格変動リスクを軽減させることが可能になります。
  • 地域の分散 アジア・アメリカ・欧州・アフリカなど、地域や国によって、経済状況は異なるため、同じ分類の商品であっても値動きは異なります。特定の国に投資していると、政策や政権交代、経済状況によって、大きく影響を受けることになりますが、国・地域を分散させることでそのリスクを顕現させることが可能になります。
  • 時間の分散 すべての商品は、時間とともにさまざまな値動きをします。一度に多額の投資を行うのではなく毎月の積立のように、少額を定額で投資を行うことで、時間による値動きのリスクを抑えることが可能です。同じ株式を買うにしても、一度に100万円分購入するよりも、毎月3万円ずつ購入したほうが、一口当たりの投資価格が平準化され、短絡的な値下がりが生じた際の損失を抑えることが可能になります。

様々な分散を行うことで、リスクを分散させながら安定的な収益を期待することが可能になります。しかし、この分散投資を行ったからといってリスクがなくなるわけではありません。極端な損失・利益を得る可能性が小さくなるということです。だからこそ、慎重に投資は生活資金ではなく余剰資金で行いましょう。

 

分散投資の注意

「分散投資」といって、自分がきちんと理解していないものに容易に手を出すことは避けましょう。いくらリスクを分散させる目的であっても、投資商品すべてが詐欺商品であれば意味はありません。【お金の使い道[消費・浪費・投資]】で説明したように、投資とは将来に必要案資産を増やすための資産形成手段です。

自分の資産を運用させることであり、どんな金融商品に投資するかは、自分自身できちんと理解し、どんな理由であれすべて自己責任であるということを前提に行う必要があります。リスクを分散させるためには、まず自分自身でその金融商品がきちんと存在するのか、取引業者は金融庁の認可を受けているのかなど、投資してもよいと思える根拠を見つけてから行動することをお勧めします。

 

関連記事

 


※本記事は資金用途・投資に関する説明を目的としたものであり、投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解したうえで、自己判断・自己責任で行ってください。 

関連記事

  1. XRP、各国取引所に上場

  2. ブロックチェーン技術で大きく変わる貿易金融[WTO/WCO/政府]

  3. Bitfinexが新たに12種のアルトコインの取り扱いを発表

  4. 富士通中央ヨーロッパのトップがIOTA財団に参加

  5. 暗号通貨取引中毒患者の治療開始

  6. 中国政府、ブロックチェーン技術開発に積極的

PAGE TOP

ニュース

マネックス、セミナー開催[Youtubeで配信予定]

ニュース

昨日(10/22)のニュースまとめ

ニュース

Nayuta、ウォレットサービスを発表[LN対応]

ニュース

Poloniex、アメリカ市場からの撤退[法規制]

ニュース

IBM,海産物の安全性向上へ[ブロックチェーン]

ニュース

昨日(10/21)のニュースまとめ

ニュース

ブロックチェーン投票の課題

ニュース

黒田総裁、アメリカで講演[新興国でのデジタル経済]