ニュース

ライトコイン、SegWit対応が現実味

仮想通貨のスケーラビリティ問題のソリューションとなり得る技術SegWitがライトコインで実装される日は近いかもしれない。

 

世界で最大のライトコインマイニングプールであるF2poolがSegWitに対応する計画を立てている。

 

SegWit(セグウィット)とは、仮想通貨のブロックサイズの限界を超える取引記録が生じたときに、それを解決する技術のことであり、Segregated Witness(署名部分の分離、の意)を省略したものである。

 

この技術では、取引記録から署名部分を分離して扱うことによって、取引の際に書き換えるデータがよりシンプルになる、と同時に署名部分を保護することができる。

 

技術はすでにあるわけだが、仮想通貨をSegWitに対応させるためには、マイナーたちの同意が必要になる。この同意は投票によってなされるが、ビットコインでは全体の95%の同意が必要で、ライトコインでは75%の同意が有効化するための条件になる。

 

ビットコインは採掘者も多く、95%の同意を集めるのがかなり困難な状況にあると言われている。それに対して、ライトコインは全体のおよそ半分の採掘力をF2poolが保有している為、ここが導入に対応するという事は、かなりの前進になるというわけだ。

 

F2poolのWang Chun氏は、SegWitをまずライトコインで試し、ビットコインでやる場合のシミュレーションをしたいと考えていると語った。

 

現段階ではアップデートは発表されていないが、もし発表されればライトコインで一足先にSegWitに対応することになりそうである。

 

 

関連記事

  1. ビットコイン専業銀行、2016年に開業?

  2. 仮想通貨界で話題のAugur、クラウドセールが好調

  3. リップルがアラブUAEエクスチェンジと提携

  4. コインチェックCMに人気タレント出川哲朗

  5. アフリカにおけるビットコインの持つ可能性

  6. 中国、アリババが決済サービスのブロックチェーン導入へ本腰

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める

ニュース

テレグラムのICOは既に900億円調達済

ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

ニュース

コインベースが大規模決済サービスへ