ニュース

Ehereumのスケーラビリティ問題一時解決策としてBCH活用

記事のポイント

  • Ehereumのスケーラビリティ問題一時解決策
  • Vitalik Buterin氏「BCHのブロックチェーンを利用」
  • スケーラビリティと問題

暗号通貨イーサリアム(Ehereum/ETH)の共同設立者であるVitalik Buterin(ビタリック・ブテリン)氏は、Ethereumの抱えるスケーラビリティ問題の一時的な解決策としてBCHのチェーンを活用することを提案した。

 

Ehereumのスケーラビリティ問題一時解決策

714日、暗号通貨イーサリアム(Ehereum/ETH)の共同設立者であるVitalik Buterin(ビタリック・ブテリン)氏は、現在Ehereumのネットワークが抱えるスケーラビリティ問題に対する一時的な解決策として、暗号通貨ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)のブロックチェーンを利用することを提案した。

現在Ethereumの開発段階は取引容量や取引速度といった取引処理能力にある問題を解決し、より利便性の高い快適な取引が行えるようにすることが目的の2.0となっている。ただ、2.0の開発は1.xの開発と同時進行で行われ、それぞれのチェーンが共存する形となっている。

 

スケーラビリティと問題

スケーラビリティとはソフトウェアやシステムなどの拡張性のことを意味する。つまりシステム等が本来持つ機能に加えて、あとから拡張して新たな機能を追加したり、機能を向上させたりすることが可能といった柔軟性を意味するものとなっている。このスケーラビリティというのはIT業界で利用されるものだが、暗号通貨の場合にはこのスケーラビリティは「規模透過性」について指していることが多い。

規模透過性とは利用者や仕事量の増減によって、システム運用に必要なリソースを適時変化させることが可能なことを指す。ブロックチェーンのネットワークが拡大し取引が増加し、取引処理能力を超える処理を要求された場合、送金に通常よりも時間がかかってしまったり、取引手数料が増加したりといった問題が発生してしまう。これがスケーラビリティ問題となっている。

このスケーラビリティ問題の解決策として、1つのブロックに書き込める容量を増やそうとするブロック拡大やLightning Network導入などの取り組みが行われている。

 

関連記事

 


参考:Vitalik Buterin[Bitcoin Cash:a short-term data availability layer forethereum?]

関連記事

  1. NEM財団、新体制で新たなスタート[解散という誤解・誤謬]

  2. 仙台でNEMのミートアップ

  3. IMF「中央銀行は将来的にCBDCを発行する」[世界銀行と共同の調査]…

  4. 昨日(3/21)のニュースまとめ

  5. Coinbase、ニューヨーク州でビットライセンスを取得

  6. つくば市、ブロックチェーン投票継続[スマホ投票・顔認証技術導入]

PAGE TOP

ニュース

NEC,超高速次世代型ハイブリッドデータベース開発[共同研究]

ニュース

インド中銀の金融機関に対する制限と一般的な暗号通貨利用

ニュース

電通、ブロックチェーン技術活用に関する共同研究[n次創作]

ニュース

ドル円の考察 ~雰囲気トレーダー代表~

ニュース

暗号通貨、7800万円詐取[元社員による運営資金不正送金]

ニュース

アメリカ連邦準備理事会、デジタル通貨研究へ

ニュース

6つの中央銀行とBIS、CBDCに関する共同研究

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ