ニュース

Ehereumのスケーラビリティ問題一時解決策としてBCH活用

記事のポイント

  • Ehereumのスケーラビリティ問題一時解決策
  • Vitalik Buterin氏「BCHのブロックチェーンを利用」
  • スケーラビリティと問題

暗号通貨イーサリアム(Ehereum/ETH)の共同設立者であるVitalik Buterin(ビタリック・ブテリン)氏は、Ethereumの抱えるスケーラビリティ問題の一時的な解決策としてBCHのチェーンを活用することを提案した。

 

Ehereumのスケーラビリティ問題一時解決策

714日、暗号通貨イーサリアム(Ehereum/ETH)の共同設立者であるVitalik Buterin(ビタリック・ブテリン)氏は、現在Ehereumのネットワークが抱えるスケーラビリティ問題に対する一時的な解決策として、暗号通貨ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)のブロックチェーンを利用することを提案した。

現在Ethereumの開発段階は取引容量や取引速度といった取引処理能力にある問題を解決し、より利便性の高い快適な取引が行えるようにすることが目的の2.0となっている。ただ、2.0の開発は1.xの開発と同時進行で行われ、それぞれのチェーンが共存する形となっている。

 

スケーラビリティと問題

スケーラビリティとはソフトウェアやシステムなどの拡張性のことを意味する。つまりシステム等が本来持つ機能に加えて、あとから拡張して新たな機能を追加したり、機能を向上させたりすることが可能といった柔軟性を意味するものとなっている。このスケーラビリティというのはIT業界で利用されるものだが、暗号通貨の場合にはこのスケーラビリティは「規模透過性」について指していることが多い。

規模透過性とは利用者や仕事量の増減によって、システム運用に必要なリソースを適時変化させることが可能なことを指す。ブロックチェーンのネットワークが拡大し取引が増加し、取引処理能力を超える処理を要求された場合、送金に通常よりも時間がかかってしまったり、取引手数料が増加したりといった問題が発生してしまう。これがスケーラビリティ問題となっている。

このスケーラビリティ問題の解決策として、1つのブロックに書き込める容量を増やそうとするブロック拡大やLightning Network導入などの取り組みが行われている。

 

関連記事

 


参考:Vitalik Buterin[Bitcoin Cash:a short-term data availability layer forethereum?]

関連記事

  1. クロスチェーン技術とは[初心者向け]

  2. Facebook、ブロックチェーン部門で新たな求人

  3. 中国、規制強化するも詐欺は減らず

  4. Coinbase、ERC-20トークンの扱い可能に

  5. ユニセフがブロックチェーン投資へ

  6. Appleの共同創業者、全てのビットコインを売却

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/23)のニュースまとめ

ニュース

ビットポイント台湾、BPJを提訴[取引所]

ニュース

スマホ決済サービスを安全に利用[キャッシュレス]

ニュース

インド最高裁、中銀に対し対応処置命令[不明瞭な法規制]

ニュース

昨日(8/22)のニュースまとめ

ニュース

テックビューロ社、交換業廃業[顧客への返金手続き]

ニュース

コインチェックでIEO事業検討[国内取引環境に変化も]

ニュース

Binance,新たな暗号通貨プロジェクト[LibraとVenus]