ニュース

国内取引所BITPoint[取引所まとめ]

記事のポイント

  • 取引所BITPoint
  • 取り扱いサービス
  • 提供サービス

現在国内では19の企業が「仮想通貨交換業者」として登録されている。本記事は株式会社ビットポイントジャパンによって運営されている取引所BITPointの取り扱い通貨。提供サービスを紹介する。

 

株式会社ビットポイントジャパン

2016年に創立され、親会社に株式会社リミックスポイントを持ち、暗号通貨取引所「BITPoint」の開発・運営を行っている株式会社ビットポントジャパン。国内だけでなく香港や韓国・台湾・マレーシアなどで交換業を行ているほか、中国で暗号通貨取引所の運営コンサルティング等の業務も行っている。さらに、20192月にはタイ国法人と共同で設立したBiTherb Co ,Ltdが同国の暗号通貨関連認可4種を取得したことを発表しているなど、海外の動きも盛んである。

また、国内ではカーチスや日の丸リムジンと国内の様々な企業と業務提携を行い暗号通貨決済の普及に努めている。2019年3月、リミックスポイントの完全子会社となっている。

 

取り扱い通貨
  • ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • ライトコイン(Litecoin/LTC)
  • エックスアールピー(Ripple)

他の取引所と同様の5種の暗号通貨を扱っており、暗号通貨の取り扱い種類については大きな特徴はないものの、同取引所ではビットコインを日本円だけでなく、アメリカドルやユーロ、香港ドルで取引することが可能となっている・

 

提供サービス

 

  • 現物取引サービス 同取引所では上記の5種を24時間365日取引することが可能であり、ストリーミング注文・シグナル注文・逆指値注文と3種の注文方法が存在している。
  • レバレッジ取引サービス 同取引所ではビットコイン/円のペアのみとなるがレバレッジ取引が可能となっている。倍率は自主規制に従い最大4倍であり、1倍・2倍・4倍のコースが存在する。こちらも現物取引同様に24時間365日での取引が可能となっている。
  • ビットポイントMT4取引 ビットコインと日本円、アメリカドル、ユーロ、香港ドル、そしてビットコインキャッシュと日本円の2倍・4倍のレバレッジ取引が可能なサービス。同取引所で採用されているMT4はソフトが軽く動作が速いことのほか、多岐にわたる分析ツールを利用することが可能となっている。
  • BITPointPay 同取引所で取り扱われている5種の暗号通貨を利用する決済サービスであり、店舗が暗号通貨決済を導入するためのサービスとなっている。

 

 

ビットポイントとリミックスポイントの動き

BITPointを運営するビットポイントジャパンの親会社リミックスポイントは、同取引所の利便性向上のために国内初の暗号通貨フォロートレードサービス[マネコ]を提供している株式会社Gaia(ガイア)に出資を行っているほか、今年1月に「新たな事業開始に向けた子会社設立のお知らせ」で証券業を手掛ける子会社を設立。この子会社設立は、今後の暗号通貨を取り巻く法規制を含めた市場環境の変化、証券業への参入を目的にしたものであり、ビットポイントジャパンの連結も視野に入れているとしていることから、今後同取引所の提供するサービス・体制にどのような変化が生じるのか注目しておきたい。

 

関連記事

 


参考:BITPoint

※本記事は暗号通貨業界の紹介・説明を目的としたものであり、暗号通貨投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には暗号通貨が法定通貨と異なり、価値が保障されているものではないということを理解したうえで、さらに事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解したうえで、自己判断・自己責任で行ってください。暗号通貨は必ずしも裏付けとなる資産を持つわけではなく、価格が急騰・急落する可能性のほか、突然無価値になってしまう可能性も存在します。取引を行う際にはその可能性を十分理解してから行ってください。また、暗号通貨を悪用した詐欺も増えておりますので、悪徳商法や詐欺には十分ご注意ください。

関連記事

  1. 【危険】リップルのユーザー、フィッシングにご注意!

  2. 取引所Bitgate,新サービスの提供へ

  3. 昨日(3/11)のニュースまとめ

  4. 金融庁、匿名通貨の取り扱い廃止を推奨

  5. 大学の証明管理にブロックチェーン技術

  6. CMEのビットコイン先物に注目が集まる

PAGE TOP

ニュース

JVCEA、金融庁に税制改正要望書提出[暗号通貨の取引環境]

ニュース

イラン、マイニングの電力価格決定[通常より割高な設定]

ニュース

AerialPartners、[Guardianプレミアム]の受付開始

ニュース

監視ツール[SHIEDL]公式リリース

ニュース

BSV、アップデート[Quasar]予定【ブロックサイズ128MBから2GBへ】…

ニュース

BofA,Ripple社技術引用[RippleNet・xCurrent]

ニュース

Fidelity子会社、信託業登録申請[大手金融企業の動き]

ニュース

昨日(7/20)のニュースまとめ