ニュース

Facebookの独自通貨プロジェクトへの参入[VISA/MasterCard]

記事のポイント

  • Facebookの独自通貨プロジェクトに参入
  • VISAMasterCardPayPal等々
  • 報道されているGlabalCoinの情報

独自暗号通貨発行、それを用いた電子決済システムの開始計画で注目を集めるFacebookだが、このプロジェクトに大手クレジットVISAMasterCardが出資・支援を行ったことからさらなる注目を集めている。SNSサービスとしての基盤を築き、広く利用されているFacebookだが、金融経験がないままに「暗号通貨を利用した金融サービスの提供」を行うという計画には不安視する声もみられているが、こうした大手企業による動きが多いことから期待が高まっている。

 

VISAMasterCardも参加

2020年第一四半期までに独自のコイン[GlabalCoin]を用いた電子決済システムを複数国で開始する計画であることが報じられているFacebookだが、新たに同独自通貨プロジェクトに世界大手クレジットのVISAMasterCardPayPalといった様々な企業が出資・参加していることが報じられた。

このFacebookによる独自通貨発行計画[Project Libre(プロジェクト・リブラ)]へ出資している企業・団体は[Libra Association(リブラ・アソシエーション)]と呼ばれ、以下28社が参加していると報じられている。

<決済>
  • Visa
  • Mastercard
  • PayPal
  • Stripe
  • PayU
<非営利>
  • Women’s World Banking
  • Kiva
  • MERCY CORPS
<音楽>
  • Spotify
<Ride-Share>
  • Uber
  • Lyft
<旅行>
  • Booking.com
<e-commerce>
  • FARFETCH
  • ebay
  • MercadoLibr
<ブロックチェーン>
  • Coinbase
  • Xapo
  • ANCHORAGE
  • BosonTrails
<ソーシャルメディア>
  • Facebook
  • Calibra
<通信・テレコム>
  • Iliad
  • Vodafone
<技術>
  • ANDREESSEN HOROWIT
  • CREATIVE DESTRUCTION LAB
  • THRIVE CAPITAL
  • Ribbit Capital
  • Union Square Ventures

Facebookは金融業界でのサービスを行ったことはない企業であり、「独自暗号通貨で新たな電子決済システムの構築」という計画に関しては不安の声も多くあった。特に同社が提供するサービス[Facebook]での情報漏洩や情報操作といった問題から、金融サービス提供においても重要となる「情報の扱い」に関して不安が残る状態であるためそうした状況となっている。ただ、すでにコミュニティの基盤として存在しているFacebookにおいて、暗号通貨を利用した新たな経済圏が生み出されることによって、銀行サービスが充実していない国や地域で利便性の高い金融サービスの利用が可能になるほか、寄付やチップといったコミュニティ内での活動を促進させ、新たな産業を生み出すものとなるのではないかとも期待されている。

 

現在報じられているGlabalCoinの情報

Facebookが、独自で開発する暗号通貨は、Facebookのほか同社のチャットアプリWhatsAppで友人や家族同士が取引できることを想定しており、価格の安定性を保つためステーブルコインでの発行となるとされている。Facebookは関連サービスとしてMessenger(メッセンジャー)Instagram(インスタグラム)などがあるため、この新たな金融システム導入の際にはこれらサービスにも導入されるのではないかとされている。特にこのInstagramでは、ストーリー(動画や写真をスライドショーのような形式で投稿する機能)のなかで表示された商品を1タップで購入できるという仕組みも存在している。InstagramFacebookで独自コインを流通させ、それを用いて買い物を行う、ということも期待されている。

イギリス大手メディアBBCの報道によれば、GlabalCoinの試運用を2019年中に行い、その資運用結果をもって2020年第一四半期までに新たな電子決済システムを開始させる計画。すでに同社では個人間送金サービス・eコマに関する開発プロジェクトを1年以上前から進めているほか、Project Libreに参加しているPayPalの元幹部や技術者を採用、企業の賠償や提携交渉を進めて急ピッチで開発完了に向けて動いている。また、THE BLOCKによると、Libra Association企業らは、この開発されたGlabalCoinのノード管理者となり、同コインブロックチェーンのネットワークを維持する役割を請け負うことになっている。

  • ステーブルコイン Stablecoinはその名の通り、価格が安定したコインとなっている。法定通貨を担保とし、価値を担保しているものや他の暗号通貨と連動しているもの、スマートコントラクトで発行しているものなど様々な種類がある。暗号通貨の銀行口座を介さずに送金ができるメリットや法定通貨同様価格が安定しているメリットと、法定通貨と暗号通貨の利点を併せ持ったものとなっている。

 

まとめ

大手企業であり、コミュニティ基盤として機能しているFacebookでの独自通貨の発行、利用というのは多くの注目が集まっているが、独自で開発する暗号通貨やその計画の内容に関してはまだ正式な発表は行われておらず、大手メディアによる調査で判明したものが多くを占める。6月18日にはこのGlabalCoinに関するホワイトペーパーが公表され、同いった目的のコインで、どのような仕組みで新規発行が行われ、どのようなシステムを採用しているのかが明らかとなるとされている。このホワイトペーパー発表がどのような威力を持つのか、暗号通貨市場に影響を与えるのかに注目しておきたい。

 

関連記事

 


関連記事

  1. 世界初、XRP基軸のみの取引所

  2. 【速報】熊本電力がマイニング参戦!

  3. NEMはなぜPoIを選んだのか

  4. EOS,仲裁システムの権限を限定化

  5. FXの取引高が5年ぶりに減少

  6. マイナンバー、スマホのSIMに搭載

PAGE TOP

ニュース

デジタル通貨に動く世界[自然災害の多い日本・システム]

ニュース

ソフトバンク向け融資、検討[メガバンク]

ニュース

ブロックチェーン技術特許、中国が他国に大差つけトップ

ニュース

ウクライナ、税制引下げ法案の草案提出[税制見直しの動き]

ニュース

GateHub等でハッキング被害、個人情報流出[対策]

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

野村ホールディングスとNRIの合弁会社、デジタルプラットフォーム[ibet]公開…

ニュース

サービス提供を行っていない仮想通貨交換業者一覧