ニュース

フィリピン政府がビットコインの規制を検討か

昨年からフィリピン大統領のドゥテルテ氏を見る機会は大幅に増えた。日本でここまでフィリピンがクローズアップされたことは近年なかったのではないか。

 

フィリピン大統領がここまで日本で取り上げられるようになったのは、彼の発言の過激さによるところが大きい。特に話題だったのが麻薬常習者の取り締まりで、

 

麻薬常習者に対して、弁解の機を与えずに射殺など、過激な対応をとったため、フィリピン国内の刑務所が麻薬常習者で溢れかえる異常な事態となっているという。

 

このフィリピン史上に残るであろう強いリーダーが現在検討しているのが、仮想通貨に対する規制である。

 

我が国の一時の状況を考えていただければ想像しやすいが、フィリピンは外国に多くの労働者が出稼ぎしている。

 

「出稼ぎ」という言葉の趣旨通りに考えれば、本国への送金が大事な目的の一つであることは間違いない。

 

即ち、彼らにとって送金コストの安い仮想通貨は、他の多くの通貨より魅力的に映る。彼らは、外国で稼いだお金を1円でも1セントでも多く本国に送金したいからだ。

 

なるべく、資金的ロスのない手段を選びたい彼らと、ビットコインが結びつくのは自然の流れであり、事実、仮想通貨の取引高は急速に伸びている。

 

取引が急拡大している状況を鑑み、フィリピン中央銀行の副総裁、エスペニーラ氏は、「規制が必要になるだろう」と話し、

 

さらに「マネーロンダリングの防止や消費者の保護といった観点からも、仮想通貨事業を当局の規制の元におくことが必要になってきている」と述べている。

 

 

 

 

関連記事

  1. 昨日(10/3)のニュースまとめ

  2. 指定暴力団、暗号通貨で資金洗浄

  3. 富士通がIOTA採用??

  4. イギリス、ナイトクラブで仮想通貨決済

  5. モネロ、ハードフォークで5つに分裂

  6. EU議会が仮想通貨を匿名禁止にする改正案

PAGE TOP

ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

ニュース

暗号通貨のETP上場、世界への影響

ニュース

日本の決済環境を変えるのは

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ

ニュース

日本政府、国民の信頼取り戻せるか[公文書管理にブロックチェーン技術]

ニュース

IMF,「CBDCの可能性も考慮すべき」[日銀の考え]

ニュース

利便性の高いキャッシュレス決済、リスク対策は万全か

ニュース

1週間(11/11~11/18)のニュース、注目記事