ニュース

ブロックチェーンで貴金属取引、プロトタイプが完成

金融業では、様々なブロックチェーンアプリケーションが日々立ち上げられ、検証が行われているが、ブロックチェーンで、ゴールド(現物)を取引するプラットフォームが産声を上げたようだ。

 

 

 

ベルギーのブリュッセルに本拠地を構える国際決済機構のユーロクリアは、ブロックチェーン企業のPaxosと提携し、ブロックチェーン上で地金の取引プラットフォームを作り上げた。

 

既にテスト起動もなされており、この国際的な地金の取引には、フランスからソシエテ・ジェネラル、アメリカのシティバンク、カナダのスコシアバンクなどの大手金融機関も参加する。

 

ロンドンの地金市場では、毎月17.9ミリオンオンスもの金が取引されているが、今回の技術が生かされることによって、ロンドン市場に下りない金も迅速かつ安価に取引することが可能になる。

 

また、市場参加者とゴールド取引アプリケーションのサプライヤーは、双方ともに増加し続けており、ロンドン市場は増え続ける金の取引量に対応するべく考慮を迫られている。

 

最近になり、イギリス造幣局も、早晩、新たなブロックチェーンを元にした地金取引のプラットフォームを立ち上げると発表され、そちらも注目されている。

 

現物資産で長期的に値上がりが続いている地金もブロックチェーン上で取引されるようになると、だんだん仮想通貨と現物資産の垣根がなくなっていくように感じる。

関連記事

  1. 「BCHが本当のBTC」と主張し、掲載削除

  2. 昨日(8/2)のニュースまとめ

  3. SEC、クレイトン委員長、金融規制当局の協調を要請

  4. 第二回「仮想通貨交換業者等に関する研究会」開催

  5. トークン経済の王となるか[イギリス]

  6. 中国、ブロックチェーン技術を使い税金を徴収か?

PAGE TOP

ニュース

PayPay不正利用、今後の対策[現金が安全とは限らない]

ニュース

エジプト、CBDCの調査へ[監視強化の一環か]

ニュース

国内の決済環境

ニュース

「仮想通貨」から「暗号資産」へ

ニュース

Huobi、口座開設受付開始[XRP配布キャンペーンも実施]

ニュース

昨日(12/17)のニュースまとめ

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]