ニュース

ヘッジファンドNumeraiがUSVなどから資金を調達

匿名のトレーダーの提供するアルゴリズムを元に投資を行うヘッジファンドNumeraiが投資家USVなどから資金の調達を行ったことがわかった。

 

 

世の中には、多くの投資家がおり、ヘッジファンドも数多く存在するがその中でもこのNumeraiは異質である。

 

このファンドは、2015年から開始したばかりの新興ファンドだが、通常のトレーダーではなく、不特定のデータサイエンティストから提出された情報を元に価格予想を行う。

 

彼らは匿名でヘッジファンドに参加し、Numeraiのアルゴリズムを進化させていく。これまでに多くのデータが集められ予測の精度が高められてきた。

 

また、その中にはディープラーニングにより発達した人工知能などの最新技術も多く取り入れられているという。

 

Numeraiは、今までに蓄積したアルゴリズムを公開しているので、誰でもそのデータの改善や変更に参加することができる。

 

Numeraiの投資によって得られた収益はビットコインにより、各々の投資家へ支払われる。また、データの改善への報酬もビットコインをつかってサイエンティストに還元される。

 

数年前からクラウドファンディングという考え方が浸透してきたが、これは正しく知識のクラウドファンディングといえる。

 

このプロジェクトに対し、多くのファンドが資金を提供したのはその関心の高さを表す出来事であったと思う。

 

関連記事

  1. ブロックチェーン都市化を目指すドバイ、取り組みの活発化

  2. 証券ではないXRP[五輪公式通貨を目指す署名活動には注意]

  3. Coinbase社がイギリスでサービス開始

  4. 国内取引所、体制の変化[bitFlyer・みんなのBitcoin・bi…

  5. 仮想通貨関連法案FAQ

  6. 中国百度が仮想通貨関連の広告を掲載停止に

PAGE TOP

ニュース

ウォレットで直接送金・交換可能に[ウォレット業者による取引サービス]

ニュース

ダボス会議、共通テーマは[第4次産業革命]

ニュース

登録業者Xtheta、新たにコワーキングスペースオープン予定

ニュース

取引所による不正行為[韓国で有罪判決]

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ

ニュース

LiquidNetworkでの実証実験、開発支援プロジェクト[国内の動き]

ニュース

ワイオミング州、暗号資産を3つに分類[日本での仮想通貨の定義]

ニュース

サウジ・UAE共同で国際送金への取り組み[活発になる送金への試み]