ニュース

エイジアが暗号通貨発行したという勧誘は詐欺[なんでも相談室]

質問のポイント

  • 株式会社エイジアが暗号通貨を発行というのは本当か?
  • 暗号通貨関連の詐欺
  • 詐欺被害に合わないために、気を付けておくこと

いつもコインの森をご愛読いただき誠にありがとうございます。今回、新たな質問が寄せられたので、回答させていただきます。コインの森ではページ下の「問い合わせ」からいつでも無料相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。内容によって、個人返信・記事返信と対応が異なる場合や対応ができない場合もございますが、ご了承ください。また相談をされる際は、当サイトの返信メールを受信できるよう、ドメイン「coinsforest.com」の受信許可設定をお願いいたします。今回の質問は以下のものになります。

上場企業のエイジアが仮想通貨を発行しているという話がありますが。本当ですか?COSCというコインです。

 

回答:そのようなものは存在しません

株式会社エイジアに直接問い合わせてみたところ、「弊社では仮想通貨を発行しておりませんし、そのような勧誘もしておりません。」との回答をいただきました。質問者様が受けられた勧誘は事実無根のものとなりますので、勧誘には一切応じず、その勧誘を行ったものの名前などの情報を持っていましたら警察等に情報提供を行っていただければと思います。

 

暗号通貨に関連する詐欺

最近では「上場企業が発行したコインの勧誘を受けた」「取引業者から自動売買装置の勧誘を受けた」「口座開設や取引を推奨する勧誘を受けた」といった問い合わせが多く寄せられています。

国内では暗号通貨の売買や他のコインとの交換、それを取り次ぐ行為、代理行為を業として行う際には、資金決済に関する法律第63条の2の規定に基づいて、登録を行う必要があります。また、この勧誘に関しても「仮想通貨交換業」に該当する場合もあるとされています。これら勧誘を受けた際には、相手が登録を完了させた業者であるのか、確認を取ることが必要です。また、「上場企業が暗号通貨を発行した」ということは、その企業のプレリリースや問い合わせて、本当に企業が発行したのか実在するのかの確認を取る必要があります。

大企業や登録業者の名を騙る場合も十分にありますので、相手の出す情報を鵜呑みにせず、確認を取ることが必要です。登録業者の名を騙るものから勧誘を受けた場合には、「今手が離せないので折り返すから名前を教えてくれ」と相手の名前や部署を聞き出し、相手の名乗った業者の電話番号へ直接「OOという勧誘を受けたのだが、××という名前の方はいるか」と確認するのも手です。

 

詐欺に騙されないために

金融庁では、違法な金融業者の手口や名称を公表するとともに、その見極め方、また詐欺に引っ掛かってしまった際の対応など情報を提供しています。手口を確認しておくことは、自分の身を守るのに非常に有効的ですので、ぜひ一読ください。また、投資は自己責任・自己判断で行うものです。自分ではよくわからない、判断できないものだと思ったら断ることが重要です。「絶対に儲かる」「損はさせない」「試しに」といった言葉に乗せられず、相手に個人情報・資産を渡してしまうことのリスクを十分に考えて行動することが大事です。

 

関連記事

 


参考:金融庁[違法な金融業者にご注意!!]

※コインの森ではいつでも無料相談を受け付けておりますが、すぐさますべての質問に対して対応できるわけではなく、回答までに多少お時間をいただいてしまいますことを予めご了承ください。また、メールでの回答をさせていただいても、拒否設定になっている場合はお返事ができませんので設定確認をお願い致します。

※本記事は暗号通貨関連情報の共有・説明を目的としたものであり、暗号通貨投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には暗号通貨が法定通貨と異なり、価値が保障されているものではないということを理解したうえで、事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解して、自己判断・自己責任で行ってください。暗号通貨は必ずしも裏付けとなる資産を持つわけではなく、価格が急騰・急落する可能性のほか、突然無価値になってしまう可能性も存在します。取引を行う際にはその可能性を十分理解してから行ってください。また、暗号通貨を悪用した詐欺も増えておりますので、悪徳商法や詐欺には十分ご注意ください。

関連記事

  1. 保険会社もブロックチェーン

  2. 経済産業省、ブロックチェーンハッカソンについて発表

  3. 第7次全銀システムへの移行に伴う即時入金停止

  4. EBPの議長国にイタリア、チェコ、スウェーデンの3ヵ国

  5. ビットコインキャッシュの価格が1,000ドル近くになる

  6. ビットコインで市民権購入可能に!?

PAGE TOP

ニュース

メルカリ、Origamiを孫会社化[スマホ決済、再編進む]

ニュース

麻生大臣、「信頼性」に関する慎重な検討が必要[CBDC]

ニュース

昨日(1/24)のニュースまとめ

ニュース

CROSS exchange運営会社へ警告[金融庁の警告と効力]

ニュース

金融庁、違法な金融業者に関する情報更新[登録業者か確認を]

ニュース

ルーマニア、暗号通貨税制改正

ニュース

デジタル化に合わせた法整備[政治家への個人献金も]

ニュース

自民、デジタル通貨に関する提言[日銀のCBDC共同研究参加]