ニュース

カストディ業者に関する法規制強化[投げ銭サービスの停止相次ぐ]

記事のポイント

  • カストディ業者に関する法規制強化
  • 投げ銭サービスの停止・終了発表相次ぐ
  • [暗号通貨(仮想通貨)の少額管理を例外扱いにして、TipbotAskMonaを守ろう!]

暗号通貨の規制強化が盛り込まれた改正法の影響で、国内の多くの投げ銭サービスがサービスを終了する予定であることを次々と発表。現時点では投げ銭サービスが、この改正法におけるカストディ業者にあたり、規制対象となるかは不透明ではあるが、対象となる可能性から、サービスの停止の準備を進めているのである。

 

暗号通貨に関する規制改正

531日に成立した暗号通貨の規制強化が盛り込まれた改正法の影響で、国内の多くの投げ銭サービスがサービスを終了する予定であることを次々と発表した。Twitter上での投げ銭が可能なBitZenytipmona,tipnem,MONA TipBot、質問に答えることでお礼として暗号通貨をもらえるAskMonaなどが存在する。

今回成立した資金決済法・金融商品の改正法では、証拠金取引やICOの規制がされるほか、顧客の暗号資産管理、カストディサービスについて明確な規制が設けられており、「顧客の資産はコールドウォレットで管理すること」もしくは「ネット上で試算する場合には別途、それに見合う金額・弁済原資の保持すること」が義務化されたのである。これは、これまで国内で起きた巨額の顧客資産流失事件を受けてのことであり、顧客の資産を企業きちんと管理させることで、顧客保護を徹底させることを目的とするものである。

交換業者のような売買を伴わず暗号通貨の管理のみを行うカストディ業者でも、改正案では本人確認義務や顧客資産との分別管理義務などが適用されることになっているのである。しかしこのカストディ業者に関しては、どこからその業務にあたるのか、どこから規制対象になるのかはまだ決定しておらず、この改正法成立後にガイドライン等によって決定されていくことになっている。このガイドラインなどによっては、顧客の資産を一時的に預かる形態である投げ銭サービスも規制の対象となる可能性がある。そうした今後のサービス提供継続が不透明な状況であることから、投げ銭サービスはサービスの停止・終了を相次いで発表しているのである。

  • 資金決済法 資金決済に関する法律であり、銀行に限定していた国内外の送金業務を他業種にも認めることや、前払式支払手段(商品券・電子マネー等)の利用者保護の強化などを規定することを目的に制定された法律である。前払式支払手段・資金移動業・資金清算業の3つを柱とした法律となっている。
  • 金融商品取引法(金商法) 金融・資本市場を取り巻く環境変化に対応し、利用者保護とルールの徹底と、利便性向上・市場機能の確保及び資本市場の国際化への対応を目的としたものである。投資サービスに対する投資家保護法制・開示制度の拡充・取引所の自主規制機能の強化・不公正取引への厳正な対応の4つが柱となった法律である。

 

暗号通貨における投げ銭サービス

投げ銭サービスは、相手がウォレットを保有していなくともTwitterアカウントを持っていれば簡単に暗号通貨を送ることが可能なサービスとなっており、暗号通貨を知らない相手にでも送ることが可能で、暗号通貨の知名度向上に大きく貢献してきた。SNS上で親しくなった相手に対して気軽に暗号通貨を送ることができるほか、匿名で相手に質問しその質問への回答のお礼として暗号通貨を送るサービスなど、様々なものが存在している。

これらサービスはそれぞれのコインコミュニティの活動を活発化させたり、暗号通貨の普及に貢献したりしてきた。今回、成立した改正案でこれら投げ銭サービスが規制対象となるかどうかはまだ不明ではなるが、そのサービス内容から言っても「投げ銭」利用するためのごく少額の資産を管理するものであり、また懸念されている資金洗浄・テロ資金供与に関しても投げ銭サービスを仲介して行うことは、ミキシングなどの匿名化などと比較した際のその効率の悪さからも悪用される可能性は非常に低いのではないかとみられる。

暗号通貨の普及・コミュニティ形成に大きく貢献してきた投げ銭サービスが、過度な危険視によってサービス停止に追い込んでいくのはいかがなものだろうか。

 

まとめ

この改正法を受けてサービス停止の準備を進める状況に対して意見を挙げる声もある。[暗号通貨(仮想通貨)の少額管理を例外扱いにして、TipbotAskMonaを守ろう!]と題されたこの署名活動は、投げ銭サービスの運営においても煩雑な手続きや資本力が必要になる状況に声を上げている。この投げ銭サービスの現状をどうにかしたいと考えている方は参加してみてはいかがだろうか。

 

関連記事

 


参考:[暗号通貨(仮想通貨)の少額管理を例外扱いにして、TipbotAskMonaを守ろう!]

関連記事

  1. 日本政府、国民の信頼取り戻せるか[公文書管理にブロックチェーン技術]

  2. BTC次のアップデートで手数料や処理速度解決か

  3. デジタルコンテンツに証明書付与[ブロックチェーン]

  4. 金融庁、暗号通貨関連相談減少[相談室の利用]

  5. Gatecoinが50万ドルを調達し業務を再開へ

  6. CraigWright氏、BTCホワイトペーパーの著作権申請[BSVは…

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/19)のニュースまとめ

ニュース

野村ホールディングスとNRIの合弁会社、デジタルプラットフォーム[ibet]公開…

ニュース

サービス提供を行っていない仮想通貨交換業者一覧

ニュース

ZHDとLINE統合へ[アメリカのGAFA、中国のBAT]

ニュース

VISA,ブロックチェーンシステムに関する論文公開

ニュース

2020年民法改正[保証人保護や利用規約について]

ニュース

BITPoint、送金フロー変更[二段階認証必須に]

ニュース

昨日(11/18)のニュースまとめ