ニュース

CraigWright氏、BTCホワイトペーパーの著作権申請[BSVは急騰]

記事のポイント

  • CraigWright氏、BTCホワイトペーパーの著作権申請
  • 「サトシ・ナカモト」であることを主張するWright
  • 著作権申請の影響か、BSVの価格急騰
  • BSVに大きな影響及ぼすCraigWright氏の言動

暗号通貨のすべての始まりであるビットコイン(Bitcoin/BTC)の生みの親「サトシ・ナカモト」であることを自称するCraigWright氏が、ビットコインのホワイトペーパーの著作権登録を申請したという報道を受け、同氏が開発に携わっているBSVにも注目が集まり、価格が急騰した。

 

BTCのホワイトペーパーで著作権申請

521日、暗号通貨のすべての始まりであるビットコイン(Bitcoin/BTC)の生みの親「サトシ・ナカモト」であることを自称するCraigWright氏は、ビットコインのホワイトペーパーの著作権登録を申請した。暗号通貨大手メディアであるCoindeskも報じたことから、この報道の注目度が高まると同時に、同氏が開発しているビットコイン・サトシ・ヴィジョン(BitcoinSatoshiVision/BSV)に対しても関心が集まり、BSVは急騰した。

ただ、この著作権登録というのは厳格な審査や検証が行われた結果登録が完了するというものではなく、申請されたら登録するという仕組みになっているために、申請という今回のCraigWright氏が行った行為にそれほど大きな意味は存在せず、また法的な効力も微々たるものとみられている。しかしながら、これまで自分が「サトシ・ナカモト」であることを主張したり、「現在の開発は思い描いていたものと違う」と主張したり、新たなコイン開発に注力している同氏が、「ホワイトペーパー」の著作権に関してまで行動を起こしたことから、さらに新たな騒動が起こるのではないかと注目が集まっているのである。

 

  • BitcoinSatoshiVision(BSV)  BitcoinCash(BCH)の予定されていたアップグレードの内容で対立が生じ、その結果として2つのコインに分裂し誕生したコインである。BSVはその名前の通りビットコインの生みの親である「サトシ・ナカモト」の考えを追求するために派生したコインであり、当初「本当のビットコイン」を主張したBCHのなかで「ビットコイン」に対する解釈違いで分かれたものである。
  • CoinGeek 世界大手のマイニング企業。カナダのマイニング企業Squire Miningによって291812月に買収され、CoinGeekが所有しているマイニング機器・関連会社、すべてSquire Mining社に保有することとなった。

 

BSVの動き

201811月に行われたビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)のアップグレード内容に関して開発者らによる対立が生まれ、誕生したBSVはコイン名にふさわしく「サトシ・ナカモト」の考え・目指したものを追求するために派生したコインだとされ、分裂した当初は多少の期待と多くの注目を集めた。しかしながら、過激な言動を行うCraigWright氏が、ビットコインコミュニティの主要メンバーを名誉棄損で訴訟したことをきっかけに、同コインの取り扱い廃止を発表する取引所が続出した。同氏は過激な発言や脅迫じみたことを行う人物と知られていたものの、特に近年その動きに拍車がかかり、暗号通貨業界内でも忌避される存在となっていた。その影響を受け、BSVに関しても距離を取る取引所が出てきたのである。ただ、同コインを基軸として取り扱う取引所も417日に開設され、同コインに対しては暗号通貨内でも対応・評価ともに大きく割れるものとなっている。

 

まとめ

国籍性別年齢、なにもかもが不明の人物または組織、「サトシ・ナカモト」を自称する人物というのは、CraigWright氏のほかにも多く存在している。しかしながら同氏に関しては開発者であることや発言が突拍子もない者が多いことから「本当にサトシ・ナカモトなのではないか」とする人も存在している。

 

関連記事

 


関連記事

  1. 韓国の規制状況

  2. GACKTコイン、事務局のずさんな現状

  3. 認可取引所で匿名通貨Zcashの上場!

  4. クリプトリンク、税理士検索サービスをリリース

  5. クレジットカード決済をアプリで

  6. 投資を安全に行うために気を付けていくこと[初心者向け]

PAGE TOP

ニュース

ブロックチェーン投票の課題

ニュース

黒田総裁、アメリカで講演[新興国でのデジタル経済]

ニュース

金融犯罪とオリンピック[対日審査と金融機関の取り組み]

ニュース

「近鉄しまかぜコイン」の発行へ[国内地域通貨]

ニュース

昨日(10/19)のニュースまとめ

ニュース

詐欺的な投資勧誘に注意[初心者向け]

ニュース

仮想通貨の投資助言に関する法律[なんでも相談室]

ニュース

公正取引委員会、実態調査へ[キャッシュレス決済]