ニュース

ニューヨーク大学の学生がブロックチェーンを用いた投票システムを開発

先日、丁度アメリカで大統領選挙が行われたところである。結果はみなさんご存じであろう。トランプ氏がクリントン氏を接戦の末破り、第45代大統領に就任することに決まった。

 

この時、一部の州で実施された電子投票が、物議を醸した。それは、本当に安全で公正なシステムなのか、と。

 

電子投票を行う場合、真っ先に考えておかねばならないのは、正当な過程を経て行うということである。

 

ニューヨーク大学の工学部と政策学部の学生は、共同し、ブロックチェーンを利用したシステムでこの問題を解決しようと試みた。

 

彼らは「承認制ブロックチェーンシステム」を設計し、Votebookと名付けた。

 

同システムは、中央サーバーが投票システムに暗号化キーを送るのをモニタリングすることができる仕組みで、投票システムには誰も参加できないのがデフォルトの状態から、システム側でシークレットキーとオープンキーのペアを生成。

 

その二つのキーを中央サーバーに再配布し、中央サーバーはオープンキーの側をコンパイルして投票機へ返す。返されたキーとシークレットキーを照合して整合性を確認するという方法で安全性を担保するようだ。

 

このVotebookは、インターネットセキュリティソフト大手のカスペルスキーが主催する、サイバーセキュリティのコンクールのグランプリを受賞し賞金の1万ドルを獲得した。

 

Votebookはブロックチェーンにより安全性と即時性を確保した、最高の選挙投票システムになれるかもしれない。

 

関連記事

  1. MUFGとNTTがタッグ

  2. フィリピン、ICO規制公表延期[2019年規制への動き]

  3. EUは教育分野にブロックチェーンを

  4. メキシコCNBV、メキシコ銀行の仮想通貨取引の扱いを承認へ

  5. 有名コインにホワイトペーパー「コピペ」疑惑

  6. 元リップルCEO資産、マーク・ザッカーバーグ超え

PAGE TOP

ニュース

CraigWright氏、BTCホワイトペーパーの著作権申請[BSVは急騰]

ニュース

暗号通貨に関する改正案、衆院通過[G20・対日審査]

ニュース

昨日(5/21)のニュースまとめ

ニュース

情報商材で得た利益申告せず、3.3億の申告漏れ[暗号通貨を悪用]

ニュース

Ripple社のロックアップに関する指摘[仕組みに対する誤解?]

ニュース

ソラミツ株式会社のKYCシステム、BCA採用[情報の共有]

ニュース

USDC,アメリカドル担保に関する監査結果を公表[十分な準備金が存在]

ニュース

昨日(5/20)のニュースまとめ