ニュース

ニューヨーク大学の学生がブロックチェーンを用いた投票システムを開発

先日、丁度アメリカで大統領選挙が行われたところである。結果はみなさんご存じであろう。トランプ氏がクリントン氏を接戦の末破り、第45代大統領に就任することに決まった。

 

この時、一部の州で実施された電子投票が、物議を醸した。それは、本当に安全で公正なシステムなのか、と。

 

電子投票を行う場合、真っ先に考えておかねばならないのは、正当な過程を経て行うということである。

 

ニューヨーク大学の工学部と政策学部の学生は、共同し、ブロックチェーンを利用したシステムでこの問題を解決しようと試みた。

 

彼らは「承認制ブロックチェーンシステム」を設計し、Votebookと名付けた。

 

同システムは、中央サーバーが投票システムに暗号化キーを送るのをモニタリングすることができる仕組みで、投票システムには誰も参加できないのがデフォルトの状態から、システム側でシークレットキーとオープンキーのペアを生成。

 

その二つのキーを中央サーバーに再配布し、中央サーバーはオープンキーの側をコンパイルして投票機へ返す。返されたキーとシークレットキーを照合して整合性を確認するという方法で安全性を担保するようだ。

 

このVotebookは、インターネットセキュリティソフト大手のカスペルスキーが主催する、サイバーセキュリティのコンクールのグランプリを受賞し賞金の1万ドルを獲得した。

 

Votebookはブロックチェーンにより安全性と即時性を確保した、最高の選挙投票システムになれるかもしれない。

 

関連記事

  1. ビットコイン強盗未遂で少年逮捕

  2. ロングフィン株急落22%安、空売りのシトロンリサーチが「詐欺」と訴え

  3. インフォテリアとテックビューロ、 世界で初めてマイクロファイナンスでの…

  4. イタリアの規制状況

  5. ビットコイン2018年は50以上のハードフォークか

  6. 仮想通貨投資、参加者は男性が70%⁉

PAGE TOP

ニュース

巨額の資金調達に成功していたプロジェクト、中止へ

ニュース

イスラム金融での活躍に期待、Ripple

ニュース

McAfee、2018年セキュリティ事件ランキング発表

ニュース

サウジ・UAE、暗号通貨共同開発[イスラム金融の変化]

ニュース

昨日(12/13)のニュースまとめ

ニュース

活発になる欧州の動き[ドイツで取引所開設へ]

ニュース

FATF、イギリスに暗号通貨法規制強化を指摘

ニュース

SBI VC、14日からETHの取り扱い開始へ[暗号通貨の入出金は]