ニュース

取引所Poloniex,暗号通貨9種の取引を停止[アメリカの規制]

記事のポイント

  • 取引所Poloniex,暗号通貨9種の取引を停止
  • 証券に該当する可能性があるため
  • アメリカの暗号通貨に関する法規制

アメリカの大手暗号通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)は、アメリカ居住者に対し、以下9種の暗号通貨の取引サービスを停止することを発表した。同国では、取引が活発に行われているのにもかかわらずSECCFTC、各州の規制当局と対応が分かれており、明確な規制は存在しない。そうした規制環境から、同取引所は規制に抵触する恐れのある暗号通貨の取引を停止する決断を下した。

 

Poloniex、取引停止対応

517日、アメリカの大手暗号通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)は、アメリカ居住者に対し、以下9種の暗号通貨の取引サービスを停止することを発表した。これは取り扱いの停止であり、上場廃止というわけではない。

  • アーダー(Ador/ARDR
  • オーガー(Augur /REP)
  • バイトコイン(Bytecoin/BCN)
  • ディークレッド(Decred/DCR
  • ゲームクレジット(GameCredits /GAME)
  • ガス(Gas /GAS)
  • リスク(Lisk /LSK)
  • ネクスト(Nxt /NXT)
  • オムニ(Omni /OMNI)

同取引所は、上記暗号通貨の取引停止理由として、アメリカ市場における規制の不確実性・上記コインが証券に該当する可能性があることなどを挙げている。この取引停止のために、同取引所を利用しているアメリカ居住者は、52916時までに上記暗号通貨のすべての取引を完了させておく必要がある。ただ、取引が停止されるだけであり、前述の通り同取引所での取り扱いが停止されるわけではないため、上記期日以降も暗号通貨を引き出すことは可能である。

  • Poloniex 2014年設立のアメリカに拠点を構える取引所。2018年、ゴールドマンサックスなどから出資を受けるフィンテック企業Circle社に買収された。

 

アメリカの暗号通貨に関する法規制

アメリカでは現物取引市場における暗号通貨取引は各州の規制当局が管轄になっているが、先物取引に関してはアメリカ商品先物取引委員会が管轄となっており、管轄が分かれているほか同国全体での統一された明確な規制は存在していない

Poloniexが述べたように規制は不確実であり、規制当局が暗号通貨を有価証券とみなす可能性もある。仮に有価証券とみなされた場合、同取引所は「暗号通貨を有価証券と同様に扱い顧客に取引サービスを提供していた」ことになり、暗号通貨サービスを行うための認可はく奪も考えられる。そうした同取引所の運営に関するリスクを回避するために、「アメリカ居住者に対して、有価証券に該当する可能性のある暗号通貨の取引停止」といった対策を取ったのである。

特に同国では、取引が活発に行われているのにもかかわらず、既存の証券法に暗号通貨を当てはめて取り締まりをしていく動きを見せている証券取引委員会(SEC)と、かつてのインターネット規制のように政府は過度に介入せず発展・自由を阻害するような規制はしないとしている商品先物委員会(CFTC)、そして友好的な州による暗号通貨の定義見直し・法規制改正と動きは統一されていない。そうしたことから2018年には取引所や暗号通貨・ブロックチェーン企業からなるブロックチェーン協会や自主規制団体・ロビー活動団体の結成が相次いで行われ、暗号通貨業界の健全な発展を促すための明確な法規制を関連企業らで作っていこうという動きがみられるほか、大統領選挙でのマニュフェストに暗号通貨規制の明確化が盛り込まれるほどの注目度を誇っている。

 

  • SEC Securities and Exchange Commissionの略称であり、アメリカ合衆国で株式などの証券取引を監督・監視する政府機関である。日本の証券取引等検視委員会・公認会計士・監査審査会の機能を有する組織となっている。証券取引委員会と訳されるが、直訳では証券および取引所委員会となっており、実際に証券法だけではなく証券取引所法も担当している。最近ではICOやトークンの取り締まりを強化しつつ、暗号通貨関連企業等が証券法を守ることを支援するFinHubの設置なども行っている。
  • CFTC Commodity Futures Trading Commissionの略称であり、アメリカ合衆国の商品先物取引を監督・監視する政府機関である。商品取引所の上場商品や金利、先物取引全般を監督するとともに、市場参加やの保護を目的に詐欺や市場操作の不正行為追及や市場取引監督を行っている。

 

 

関連記事

 


参考:Poloniex[Poloniex to stop offering trading of 9 assets to US customers; all assets remain available to non-US customers]

関連記事

  1. 日銀、ECBとの共同調査報告書公表[取引情報秘匿と管理の両立]

  2. 銀行で初、リップルを利用した国際送金開始

  3. 国内取引所BitFlyer、欧州進出準備

  4. 仮想通貨に警戒抱くポーランド政府

  5. ロシアの金融企業などで民間のブロックチェーンコンソーシアム立ち上げ

  6. スウェーデンの証券取引所、暗号通貨ETP上場[XRPとLTC]

PAGE TOP

ニュース

P2P電力取引実証プロジェクト立ち上げ[ブロックチェーン]

ニュース

バイナンスの登録方法を教えてください[コインの森なんでも相談室]

ニュース

金融庁、フィンテックと銀行の契約状況公表

ニュース

行政システム仕様統一へ[2040年問題と電子政府実現]

ニュース

ダークウェブで暗号通貨アカウント販売提案[犯収法違反]

ニュース

昨日(2/25)のニュースまとめ

ニュース

コインの森トレード学習[チャートパターン①]

ニュース

投資で大切な安全性・収益性・流動性[初心者向け]