ニュース

国内取引所のBCHのアップデート対応まとめ

記事のポイント

  • 15日に予定されるBCHのアップグレード
  • 国内取引所の対応まとめ

515日に暗号通貨ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)のアップデートが予定されている。国内で取引サービスを提供している業者の対応をまとめた。今回はアップデート内容がはっきりとしていること、チェーン分岐を想定したものではないことから、BCHの取引を通常通り行える取引所も多いようである。

 

BCHのアップグレード

暗号通貨ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)515日に取引処理速度・手数料といった面での利便性向上のためにアップグレードが行われる予定である。これは[シュノア署名]を実装するなどの新たなシステムが実装されるものとなっているものの、コインの分裂は予定されていないアップグレードとなる。

  • BitcoinCash/BCH(ビットコインキャッシュ) ビットコイン(Bitcoin)の取引が急増したことで現れた取引遅延・手数料増加などの問題を解決するためにBTCからハードフォークして誕生したコイン。BCHを「本物のBTC」とする主張も存在する。時価総額4位のコイン。201811月に行われたハードフォークで開発内容に対する意見の対立により、BitcoinSV(BSV)が誕生した。
  • アップグレード 仕様変更のこと。従来では「ハードフォーク」「ソフトフォーク」とそれぞれの仕様変更内容によって分けて呼称されている。しかしながら「フォーク」という言葉には「分岐」というニュアンスで用いられる単語であり、この「フォーク」に過剰に反応し「コインが分裂し新たなコインが誕生するのではないか」という誤解・混乱を招く可能性があることから「アップグレード」と呼称することが増えている。

 

取引所の対応まとめ

国内でサービスを展開し、BCHを取り扱っている取引所の対応は以下の通りである。取引を停止する取引所としない取引所で分かれているが、取引可能な取引所であっても、アップグレードのブロックチェーンは不安定になり、取引に通常よりも時間がかかる可能性があると注意喚起も行われている。

前述の通り今回のアップデートに関しては、アップデート内容が明らかとなっているほかチェーン分岐を想定したものではないため、取引を通常通り行える取引所が多く存在している。停止している取引所であっても、チェーンが安定したことを確認して再開される予定である。

 

関連記事

 


参考:bitbank / SBI VC / DMMBitcoin / BITPoint / フィスコ仮想通貨取引所 / Zaif / コインチェック / Decurret / Huobi

関連記事

  1. 昨日(9/1)のニュースまとめ

  2. GS支援の米サークル、仮想通貨取引事業の拡大のため100人新規採用

  3. 3社のみとなったみなし業者の1社、LastRootsのc0banとは

  4. ジンバブエで新たな取引所開設

  5. アメリカ、仮想通貨で納税可能となるのか

  6. マネックス36億でコインチェック買収合意

PAGE TOP

ニュース

匿名通貨モネロ、新たなPoWアルゴリズムへ切り替え計画

ニュース

1週間(5/20~26)のニュースまとめ

ニュース

Facebook、2020年に電子決済システム開始計画

ニュース

昨日(5/25)のニュースまとめ

ニュース

与沢翼氏が約1.7億円分保有するWAVES、38%もの急騰[エアドロップの影響も…

ニュース

匿名通貨DASH、アップグレード[51%攻撃への耐性強化]

ニュース

内閣サイバーが注意喚起[MyEtherWalletを騙るフィッシングメール]

ニュース

bitFlyerHD,100%子会社設立[ブロックチェーン事業へ]