ニュース

アップルウォッチでBTC決済[LN活用]

記事のポイント

  • BlueWallet、アップルウォッチに対応
  • LightningNetworkで少額のBTC決済も可能に
  • BTCの活用、増加なるか

55日、LightningNetwork(ランニングネットワーク/LN)に対応したBlueWalletApplewatch用の[Watch App]を発表した。これによりAppleWatchでもBTCの受取が可能となる。

 

AppleWatchBTC決済

今回発表されたWatch Appはまだ実験段階ではあるものの、世界的に利用されているAppleWatchで、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の少額決済や円滑なBTC決済が可能になるため、今後の開発が期待される。

このLightning Networkとは、暗号通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)のブロックチェーン上に決済専用の層を設け、そこで決済を負担させることで即時に大量の取引処理、少額の取引も可能にする技術となっている。この技術は2015年に論文が公開され、ビットコインにあった取引手数料や取引速度といった実際に決済手段として利用する際に合った課題を解決する技術として今現在実稼働がされている。同技術を身近な製品であるAppleWatchで、試験的にとはいえ手軽に利用できるようになったことで、BTCの利用ハードルは下がり、BTC決済の普及促進がなされるのではないかとされている。今回発表されたWatch Appでは、以下の同課のようにQRコードを利用してBTC取引が可能となっている。

 

LightningNetwork

同技術に関しては前述の通り、2015年に論文が公開されたばかりの新しい技術であり、実用化というよりは実験段階よりも技術となっている。国内でも先日、株式会社NayutaによってLNのソフトウェア[Ptarmigan(ターミガン)]のメインネット版がリリースされたが、この公開は世界で4番目、日本では初のものとして注目された。こちらの公開発表の際にも、「実験的実装でありバグも含まれるため、利用する際には消失しても問題のない少額での利用を推奨」と注意書きがされていた。

まだ実験段階の技術であるため、送金額やネットワークの安定などにまだ不安がみられているが、同技術が暗号通貨利用にある決済速度や手数料といった問題点を解決すると注目されている。

 

 

関連記事
  •  

 


関連記事

  1. 議員たちは暗号通貨に対して寛容的な姿勢

  2. 証券会社が暗号通貨取引を担うようになるか

  3. 取引所からコインではなく個人情報流失

  4. 世界最大級のフィンテック・カンファレンスにリップルのCEO登場

  5. SBI,アート市場でのブロックチェーン活用[アートバーンへ追加出資]

  6. テレグラムのICOは既に900億円調達済

PAGE TOP

ニュース

匿名通貨モネロ、新たなPoWアルゴリズムへ切り替え計画

ニュース

1週間(5/20~26)のニュースまとめ

ニュース

Facebook、2020年に電子決済システム開始計画

ニュース

昨日(5/25)のニュースまとめ

ニュース

与沢翼氏が約1.7億円分保有するWAVES、38%もの急騰[エアドロップの影響も…

ニュース

匿名通貨DASH、アップグレード[51%攻撃への耐性強化]

ニュース

内閣サイバーが注意喚起[MyEtherWalletを騙るフィッシングメール]

ニュース

bitFlyerHD,100%子会社設立[ブロックチェーン事業へ]