ニュース

[初心者向け]BaaSとは[Amazon・Microsoft・IBM]

記事のポイント

  • BaaSとは
  • Amazon Web Serviceis
  • Azure Blockchain Workbench
  • IBM Blockchain Platform

最近は、クラウドでブロックチェーンの開発環境を提供するサービス[Blockchain as a Service/BaaS(バース)]の利用・提供に関する話題が多くなってきている。今回はその中でもよく利活用が報じられるAmazonMicrosoftIBMらが提供するものを紹介する。

 

Amazon Web Serviceis(AWS)

利用者が独自のブロックチェーンネットワークを構築することができるようにサポート・マネジメントするサービス。同サービスを利用することでHyperledger FabricEthereumといったオープンソースを利用しながら、独自のネットワークをより簡潔に低コストで開発することが可能。また、通常Hyperledger FabricEthereumといったオープンソースを利用した場合、オープンソースであるために不特定多数のノードがネットワークを管理するため、企業が「一元管理」しようとするとそのための別の枠組み作りを行う必要があり、ハードルが高いものとなっているのだが、AWSを利用することでオープンソースを利用しながら企業による一元管理が容易に行えるようになっている。2019430日一般公開が発表された。

 

Azure Blockchain Workbench

Microsoftが提供するMicrosoft Azure上で提供するBaaS。ブロックチェーンアプリケーション開発のための多くの機能を備えたクラウドサービスとなっており、開発者が利用しやすいよう開発工数の大幅短縮のほかに、利用者自身が利用したい言語で開発することが可能。Hyperledger FabricEthereumといったオープンソースはもちろんのこと、大手金融機関JPモルガンが提供するブロックチェーンQuorumなどといった多数のブロックチェーン・サーバーを利用することが可能となっている。また、52日には同サービスにおいてコンソーシアム型ブロックチェーンの形成・運用管理を簡素化にできるようにもなったことが発表された。

201952日にマイクロソフトとJPモルガンが戦略的パートナーシップを結び、同サービス上でQuorumが利用できるようになったほか、アメリカの株式市場Nasdaqや世界的な電気素材メーカー3Mなどで、同サービスが利用されている。

  • Quorum PモルガンがEthereum上で構築したブロックチェーンプラットフォーム。これを活用した銀行情報ネットワーク[Interbank Information Network/IIN]は、取引情報の透明性を高めるとともに、銀行間で情報共有が可能となるため取引でみられる資金洗浄やテロ資金供与といった不正行為・犯罪行為への防止策としても有効だとされ、注目を集めている。

 

IBM Blockchain Platform

IBMが提供する複数の業界・組織を横断して利用されることを想定したビジネス向けのグローバル・ブロックチェーン・プラットフォームの構築に政敵化された総合プラットフォーム。これは、Linux FoundationHyperledger FabricをベースにしたIBM Blockchainをプラットフォームとして提供したものとなっている。同サービスでは、「ビジネス向け」とされているものの、業務での利用を想定したプランと、教育目的での利用を想定したプランの2種類が用意されている。201951日にはカナダの銀行で同サービスを基盤とした顧客情報認証サービス[Verified.Me]の提供が開始された。

 

まとめ

ブロックチェーン技術に関する理解を深めるための政府によるサンドボックス構築や企業による実証実験、導入・活用などの動きが見られているが、こうしたブロックチェーン技術を導入するためのサービスも豊富になってきている。

  • ブロックチェーン技術 取引履歴を暗号技術によって過去から一本の鎖のようにつなげ、取引履歴・情報を正確に維持しようとする技術であり、P2Pネットワークを利用することで中央管理者を必要とせずにシステムを維持することが可能なものとなっている。分散され、中央管理者がいないため、データの改ざん・破壊に強いという特徴のほか、サーバーのダウンや中央管理者による不正にも強いものとなっている。ただ、同技術にはもちろん専門的な知識が必要であり、開発や運用のハードルも高いため実用化に向けては、法整備はもちろん技術者の育成などが必要となっている。

 

関連記事
  •  

 


関連記事

  1. ロックフェラー財団、暗号通貨業界へ参入

  2. 円相場急落

  3. スウェーデンでブロックチェーン使った不動産取引が成立

  4. 秘密鍵紛失で7,500BTCを失う

  5. ミクシィのフンザが「Coincheck Payment」導入しチケット…

  6. ブロックチェーン企業立ち上げに最適な国

PAGE TOP

ニュース

匿名通貨モネロ、新たなPoWアルゴリズムへ切り替え計画

ニュース

1週間(5/20~26)のニュースまとめ

ニュース

Facebook、2020年に電子決済システム開始計画

ニュース

昨日(5/25)のニュースまとめ

ニュース

与沢翼氏が約1.7億円分保有するWAVES、38%もの急騰[エアドロップの影響も…

ニュース

匿名通貨DASH、アップグレード[51%攻撃への耐性強化]

ニュース

内閣サイバーが注意喚起[MyEtherWalletを騙るフィッシングメール]

ニュース

bitFlyerHD,100%子会社設立[ブロックチェーン事業へ]