ニュース

ブロックチェーンの効果が6年以内に市場に波及見込み

ドイツ銀行の調べによると、ブロックチェーンが与える影響が、6年後には新たな波として市場に波及することになるという。

 

 

ドイツ銀行、国際取引部の提出したレポートによると、6年以内に資本市場の様々な場面でブロックチェーン技術が浸透することになる。

 

この報告書は、金融ファンドのマネージャー、金融機関、金融スポンサー、ソヴリン、ディーラーやブローカーなど、金融市場に携わる多くの人々の戦略に影響する要因に関する調査結果だ。

 

計200人へのアンケートで8割を超える人たちが、ブロックチェーンの技術が金融サービスの市場に影響を与えると回答している。

 

また、全体の4分の3の回答者がブロックチェーン技術は今後6年以内に市場で積極活用されていくことになると回答をしており、執筆者はこの技術が将来性においてかなり期待されていることがうかがえる、と述べた。

 

金融業界から見たブロックチェーンのメリットは、そのコスト削減の破壊力にある。

 

回答者の38%が「証券取引で20%以上のコスト削減につながる」と回答している通り、市場関係者の最大の関心は、低コストで取引を行えるシステムの開発だ。

 

ブロックチェーンは次世代の取引システムの基盤となる可能性が極めて高い、コストを抑えると同時に、信頼性、透明性、効率性の向上でも優れているとされているからだ。

 

ドイツ銀行自体もこの流れをくみ、国際取引部門は企業を跨いでブロックチェーンに関する取り組みをしていくのだという。

 

金融論理に優れたヨーロッパの優等生ドイツの、金融市場に対するこの調査の信憑性は、他の国に比べて高いと思われる。より確実にブロックチェーンの波が金融市場に波及していくことの裏付けのひとつといえるだろう。

 

関連記事

  1. アメリカ国内の取引所は証券取引委員会の認可制へ

  2. NBAチームでも?!マイニングで慈善活動

  3. 日本自主規制団体、内部関係者の情報漏洩・匿名通貨の扱い禁止

  4. フランス、暗号通貨税率を45%から19%へ

  5. マイニング機窃盗犯脱獄

  6. ラトビアの規制状況

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨の慈善活動と政治活動での扱いの差

ニュース

昨日(9/25)のニュースまとめ

ニュース

「情報銀行」への日本企業・団体・政府の動き

ニュース

知らないうちにXRPを利用する環境へ

ニュース

SBI VC、12月に暗号通貨の入出金受付、ETHの取り扱い開始へ

ニュース

ドバイ、政府内決済システムにブロックチェーン技術で透明性・正確性の確保

ニュース

昨日(9/24)のニュースまとめ

ニュース

BitPesaとSBIレミットが提携[アフリカ市場の成長促進]