ニュース

ユナイテッド、保有しているコイネージの全株式譲渡[仮想通貨業界への参入中止]

記事のポイント

  • ユナイテッド、保有しているコイネージの全株式譲渡
  • 仮想通貨取引事業への参入準備中止
  • 特別損失として411万円計上見込み

425日、ユナイテッド株式会社は同日開催した取締役会の中で、同社連結子会社であるコイネージ株式会社のユナイテッドが保有する全株式をコイネージ投資株式会社へ譲渡することを決議したこと、同日付でコイネージ投資と株式譲渡契約を締結したことを公表した。

 

株式譲渡とその影響

ユナイテッド株式会社は、201710月に連結子会社であるコイネージを設立し、暗号通貨業界への参入に向けた準備を進めていた。しかしながら、ここ数年で暗号通貨を取り巻く環境は法規制・技術・市場ともに大きく変化しており、参入準備を進めていた当初よりも参入へのハードルが格段に向上したことから、同社は準備の継続を断念し、同社が保有するコイネージの全株式をコイネージ投資へ譲渡することとなった。

ユナイテッドは全株式のうち83.07%の株を保有しているが、これらすべてを426日に譲渡する。また、この株式譲渡に伴い、同社は20193月期通期連結決算において事業整理損411万円を特別損失として計上する見込みである。

 

  • ユナイテッド株式会社 アドテクノロジー事業・コンテンツ事業・ゲーム事業・インベストメント事業を展開し、東京証券取引所マザーズ市場に上場している企業である。同社は博報堂DYホールディングスのグループ企業の一つである。
  • 連結子会社 連結決算上から子会社とされる会社のこと。会社法の原則として子会社蓮出て連結子会社となるが、同法で子会社概念に該当しない会社(関係会社)なども含まれる。子会社かどうかは株式の保有率だけではなく、議決権の状態などもその判定に関与する。

 

 

相次ぐ暗号通貨業界参入中止の動き

今回、暗号通貨業界の環境の変化を理由に同業界への参入準備中止することを発表したユナイテッド株式会社だが、415日にも同じく同業界への参入準備を進めていた株式会社マネーフォワードが参入延期・交換業登録に向けた手続きの中止を決議したことを発表している。こちらもやはり、暗号通貨を取り巻く環境が大きく変わったことが理由となっている。

暗号通貨は2017年の価格急騰から世界中の注目を集めた。急成長したことから法整備はもちろん技術や関連サービスにもばらつきがあり、取引所を狙ったハッキングが相次いで起きた。こうした「資産流失」「資金洗浄」という問題が頻発したため、同業界ではハッキングへのセキュリティ対策はもちろん、内部体制の整備・強化が求められるようになった。しかしそうしたコストがかさむ一方で、暗号通貨市場は2018年から下落基調にあり、暗号通貨の価格に大きく左右されるマイニング事業では収益を上げることが困難になるほどの環境となっていた。そうした求められる水準は向上した一方で、収益を上げることが当初よりも難しくなったこと、このバランスから参入延期・中止・撤退の判断を取る企業は多く存在しているのである。

 

  • 仮想通貨交換業 暗号通貨の売買・他の通貨との交換、それらを取次ぐ行為や代理行為などを行う業。この業務を行うには、資金決済法に関する法律第63条の2の規定に基づいて仮想通貨交換業者として登録される必要がある。この仮想通貨交換業の登録制度は2017年に導入された。現在19社がこの仮想通貨交換業者として登録されている。
  • マイニング 暗号通貨のシステム、取引システムに参加し、取引データを追記する作業のことである。この作業を行うには膨大な計算を行う必要があり、演算装置・大量の電力が必要とされる。その代わりマイニングの報酬として新たに発行されたコインを得ることができる仕組みとなっている。報酬として新規コインを得られる仕組みとなっているため、同じ電力量を消費した際、コインの価格が下がっていれば収益は減り、上がれば収益は増えるという仕組みになっている。

 

 

まとめ

暗号通貨関連事業といっても、暗号通貨のマイニング機器を開発するのか、製造するのか、販売するのか、暗号通貨の取引を提供するのか、この取引に関するサービスを提供するのか、暗号通貨を利用したゲームを提供するのか、とさまざまなものが存在している。だが、「暗号通貨の取引」に関する事業に関しては、金融庁の審査に合格する必要があり、その審査には現在180社以上も申請している企業が存在していることから、全社の審査にどれほどかかるのか目途はたっていない。金融庁が今年1月に公表した登録審査プロセスでは目安として約6か月は必要とされている。

 

関連記事

 


参考:ユナイテッド株式会社[連結子会社の移動を伴う株式譲渡及び特別損失の発生(見込み)に関するお知らせ]

関連記事

  1. 昨日(3/21)のニュースまとめ

  2. 新たな「ビットコインの感情分析」指数で登場か

  3. USDC,アメリカドル担保に関する監査結果を公表[十分な準備金が存在]…

  4. Huobi、ロシアでも取引所開設[世界進出に注力]

  5. 日本のデジタル化に向けた規制[金融審議会]

  6. イングランド銀行の見据える今後

PAGE TOP

ニュース

SendFriend、xRapidを導入したサービス開始

ニュース

1週間(6/17~6/24)の国内ニュースまとめ

ニュース

プロジェクト[Libra]の3つの特徴と問題点

ニュース

アメリカ、FATFガイダンスに合わせた動き

ニュース

昨日(6/22)のニュースまとめ

ニュース

G7での暗号通貨規制に関する対策チーム設立[FATF・Libra]

ニュース

FATF、暗号通貨ガイダンス発表[実現性に疑問の声]

ニュース

金融庁、ガイドライン改正案公表[ICOへの対応]