ニュース

山陰合同銀行が社内でブロックチェーン技術の実証実験を開始

島根県に本社をおく地銀の山陰合同銀行が、株式会社Orb(東京都新宿区)からの技術提供を受け、ブロックチェーン技術を利用した電子マネーの実証実験を行うことが分かった。

 

 

山陰合同銀行はOrbの作成したブロックチェーンをベースとしてオリジナルの電子マネーを作成した。電子マネーは銀行本店の社員食堂と売店で利用することができる。

 

名称はGOUGIN・COIN、期間は11月の10日から30日を予定しており、1コインあたり1円で発行する。

 

プレスによると、実証実験に参加する社員は、あらかじめ自分のiphoneに専用アプリをインストールし、食堂や売店に設置された専用端末にアプリからのQRコードを読ませて会計を済ませる。これらの会計取引の情報はOrbのサーバーに記録され、使った金額分が自動的に給与から天引きされるようだ。

 

今回の20日間の実証実験を見て、安全性や利便性などの検証を行い、その結果を元にこれからのサービス、たとえば地域通貨などを検討していくという。

 

山陰合同銀行は地銀ではあるものの、フィンテックへの意識は高く、リップルのコンソーシアムにも参加している。

 

コンソーシアムに参加するという受け身の動きが多いなかで、いちはやくブロックチェーン技術を利用し検証をはじめていく姿勢は素晴らしく、この分野においては、一歩ぬきんでた存在となる日が来るかもしれない。

 

 

関連記事

  1. 行政の記録保管にブロックチェーン技術使用

  2. クーレECB理事「G20で仮想通貨に関する具体的な措置決定は予想しない…

  3. ロシア債券取引にブロックチェーンを導入か

  4. 介護分野でもブロックチェーン技術

  5. マイアミで仮想通貨判決無罪が下る

  6. スイス金融当局、ICOガイドラインを発表

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

Microsoft、著作権問題解決に動き出す

ニュース

昨日(6/24)のニュースまとめ

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立

ニュース

XRPは有価証券になるのか

ニュース

ライトニングネットワーク(LN)とは?

ニュース

千葉県警が暗号通貨などに関する研修

ニュース

ライトニングネットワーク上でポケモン

ニュース

1週間(6/18~23)のニュースまとめ