ニュース

取引所Binance、BitcoinSVの上場廃止を決定[取引所の権力]

記事のポイント

  • 取引所によるBitcoinSVの廃止対応
  • BitcoinSV(BSV)とは
  • 取引所の持つ権力

412日に暗号通貨ビットコイン・サトシ・ヴィジョン(BitcoinSV/BSV)の上場廃止を示唆していた世界大手取引所Binance(バイナンス)15日に正式に同コインを排することを発表した。また、これに続く形でKrakenなどの他の取引所も上場廃止を検討・決定する動きが見られている。国内ではBSVを扱っている業者は存在せず、コインチェックやbitbankBITPointでは日本円に換金してからの付与を行う対応が主流となっているため、国内での影響はさほどみられていない。

 

BitcoinSVの上場廃止

Binanceでの上場廃止はまず、同取引所CEOCZ氏がBSV開発者であるCraigWright(クレイグ・ライト)氏の行動(ビットコインコミュニティのメンバーを名誉棄損で訴える構えを示していた)に不満を表明したことがきっかけである。これ以前にもライト氏は過激な発言、脅迫じみた発言を行うことで知られており、これは同氏の動きに対して「我慢の限界」とのCZ氏の発言からも、うかがえる。ライト氏はビットコインの生みの親である「サトシ・ナカモト」を自称しているが、前述の通り抑圧的な動きを見せておりこの動きに不満を持っていたものも多いことからBinanceの決定には賛同的な意見も多くみられている。

今回の同取引所の「上場廃止」についてはCZ氏の発言から注目されていたものの、その最終的な決断はCZ氏による独断ではなく、同取引所が定期的に行う審査の結果決定されたものだとされている。同取引所の審査項目は以下の通りであるが、CZ氏の「我慢の限界」やライト氏のこれまでの言動から「非道徳な活動に関する証拠・不正行為が確認される」の項目に該当したのではないかとみられている。

<Binance審査項目>
  • プロジェクトへの取り組み
  • 開発活動の質量とレベル
  • ネットワーク・スマートコントラクトの安定性
  • パブリックコミュニケーションと活動のレベル
  • Binanceによる定期的調査に応答する速さ
  • 非道徳な活動に関する証拠・不正行為が確認される
  • 健全的で持続可能な暗号エコシステムへの貢献度
  • Binance マルタに拠点を構える暗号通貨取引所。世界的に取引サービスを提供しており、取り扱っているコインの多さ、問題発生時の対応の速さや良さから高い信頼を得ている取引所である。

 

BitcoinSVとは

BitcoinSV(BSV)BitcoinCash(BCH)の予定されていたアップグレードの内容で対立が生じ、その結果として2つのコインに分裂し誕生したコインである。BSVはその名前の通りビットコインの生みの親である「サトシ・ナカモト」の考えを追求するために派生したコインであり、当初「本当のビットコイン」を主張したBCHのなかで「ビットコイン」に対する解釈違いで分かれたものである。

当初予定されていたABCのアップグレード(BCH)内容に対してSVが異を唱えたことで起きており、ABCの意見は世界最大のマイニング企業Bitmainが賛同していたことからABCが主流となると予想されていた。そのため「ABCSVどちらもサポートする」という取引所がある一方で「ABCしか取り扱わない」という取引所も存在していた。また、この分裂に関しては、どちらかが消えるのではないか、という危惧もあり価格は乱高下。マイニングによる競争が起き、PoWの中央集権的な問題が認識されるなど暗号通貨市場に大きな影響を及ぼした。

このBSVの開発者であり「本物のサトシ・ナカモト」だと主張するCraigWright(クレイグ・ライト)氏は、その過激な発言から度々問題視されていた。

  • BitcoinCash/BCH(ビットコインキャッシュ) ビットコイン(Bitcoin)の取引が急増したことで現れた取引遅延・手数料増加などの問題を解決するためにBTCからハードフォークして誕生したコイン。BCHを「本物のBTC」とする主張も存在する。

 

まとめ

BSVの上場廃止に関しては好意的な意見も多くみられているが、今回の動きで暗号通貨業界にとって取引所がどれほど大きな影響力を持っているのかということも明らかになっており、取引所の「上場廃止」に関する一連の動きに疑問を持つ意見も存在している。この取引所のあり方に対する批判は今までにも行われており、イーサリアムのVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏も「中央集権型の取引所はどの暗号通貨が主流になるのかを決めてしまえる力を持っている」と発言していた。

 

関連記事

 


参考:Binance[Binance Will Delist BCHSV]

関連記事

  1. アメリカ郵政公社がブロックチェーン関連特許申請

  2. P2Pプラットフォームで顧客確認

  3. サンタンデール銀行の送金アプリ

  4. 邦銀仮想通貨連合から地銀11行離脱

  5. 雑誌WIREDでブロックチェーン特集が組まれる

  6. 保身の対応は早いZaif

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]