ニュース

ブロックチェーンで綿花が取引される。

オーストラリアのコモンウェルス銀行と、アメリカのウェルズファーゴとの間で、ブロックチェーンによる国際間取引が実現した。ブロックチェーンでクロスボーダーの取引が成立したのは世界初だ。

 

 

 

国際銀行間でついにブロックチェーンを用いた国際取引が成立した。取引自体はオーストラリアと中国間の綿花の取引という一般的なものである。

 

綿花は、オーストラリアのブリグハム・コットン・マーケティングから中国のチンタオ向けに出荷されたもので、コモンウェルス銀行の発表では、およそ35000ドル分の綿花がブロックチェーンで取引されたという。

 

また、コモンウェルス銀行の取引部門の重役は「一般的な貿易に関する取引は、複雑化しており、この実験によって、先進技術が貿易において利益をもたらすことが明確になったことが示された」とコメントしており、ブロックチェーンの発展に大きな期待を寄せていることがわかる。

 

国際貿易においてもブロックチェーンは速さ、正確性という点で強みを発揮するであろうと言われており、国際貿易は時差、多重取引などの懸念を抱えるため、それらをクリアできれば、人件費を抑えることができるので魅力がある。

 

今回のような実物取引では、品物が特定のポイントに到達すると自動で決済が行われるようになる。

関連記事

  1. イーサリアム、またもやハードフォーク

  2. 日本の規制状況

  3. Huobi、カナダに新たなオフィス設置

  4. 仮想通貨の取引量、一日に7億ドルを突破。

  5. ロシア最大の取引所がブロックチェーン技術を決済利用へ

  6. 中国の前頭取「ビットコインは潰せない」

会計事務所紹介センター

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

中国、ブロックチェーン・セキュリティ同盟

ニュース

島国に共通するブロックチェーン技術への取り組み

ニュース

中国格付け、EOSがETH抜いて1位

ニュース

【PR記事】$117M(約128億円)調達済みの暗号通貨決済プロジェクト Pum…

ニュース

マイニングのために150MWもの電気窃盗

ニュース

Microsoft、著作権問題解決に動き出す

ニュース

昨日(6/24)のニュースまとめ

ニュース

スタンフォード大学、ブロックチェーン技術研究センター設立