ニュース

IMF理事「暗号通貨は金融システムに影響を及ぼしている」

記事のポイント

  • IMF理事「暗号通貨は金融システムに影響を及ぼしている」
  • 国際機関の暗号通貨に対する考え

410日、国際通貨基金(IMF)の専務理事であるChristine Lagarde(クリスティーヌ・ラガルド)氏は、CNBCのインタビューの中で「暗号通貨含めたデジタル通貨が既存の金融システムに影響を与えている」と発言した。

 

暗号通貨の影響

同氏は暗号通貨・ブロックチェーン分野に関しては肯定的な意見を持っており、この「影響を与えている」というのは金融安定や経済を不安定にするものという意味ではなく、既存の金融システムを大きく変化させ前進させる・変化をもたらすものだとしている。ただ、もちろんこの影響で必要以上に安定が揺さぶられるのを防ぐために、適切な法規制で管理し、健全な成長を促していくべきだと強調した。

Lagarde氏が暗号通貨・ブロックチェーン分野に関して発言したのは今回が初ではない。これまでにも同氏は「暗号通貨は既存の金融システムに何らかの影響を及ぼす可能性がある」「中央銀行は現実的脅威と杞憂を区別し、公平な視点を持って暗号通貨の対応を行うべき」「CBDC発行の可能性についても検討を進めていく必要がある」などと、同分野に関して過度な否定はせず、その可能性について前向きな発言と、それを後押しするための法規制の必要性について発言している。

 

  • 国際通貨基金  International Monetary Fund(IMF)は、1944年の連合国国際通貨金融界で創設が決定され、1947年に業務を開始した国際機関である。国際通貨及び金融システムに関する諸問題をIMF総務会に報告・勧告することを役割としており、加盟国の為替政策の監視や加盟国に対する融資を行うことで国際貿易の促進や加盟国の国民所得の増大、為替安定などを図っている。年に1回秋頃に世界銀行と合同で年次総会を開催している。
  • ブロックチェーン技術 取引履歴を暗号技術によって過去から一本の鎖のようにつなげ、取引履歴・情報を正確に維持しようとする技術であり、P2Pネットワークを利用することで中央管理者を必要とせずにシステムを維持することが可能なものとなっている。分散され、中央管理者がいないため、データの改ざん・破壊に強いという特徴のほか、サーバーのダウンや中央管理者による不正にも強いものとなっている。

 

 

 

国際機関の暗号通貨への考え

暗号通貨・ブロックチェーン分野に関して、厳しい意見も多くみられるが、国際機関らはこれら分野の持つ可能性に好意的な考えを持っており、健全で有用な発展を後押しすべく過度な規制ではなく、それぞれに見合った法規制・対策を取り研究開発を行えるように準備を進めている。

今年3月にはBCBSが「暗号通貨は価格変動リスクが高く交換手段・決済手段として利用することは適切ではない」とその未熟さを指摘しながらも「成長は今後金融安定に大きな影響を与える可能性があるため、銀行はリスクを適切に理解できるよう技術的専門知識を有しておくべき」と警告。世界貿易機構(WTO)が公表した報告書の中で、ブロックチェーンはコスト削減や利便性向上といった恩恵を与える技術だと評価。世界関税機関(WCO)も、手続きの効率化やミス防止のために、原則紙での発行が定められている船荷証券でブロックチェーン技術を導入したい考えで、税関の国際ルール改定を検討などとさまざまな動きが見られている。

  • バーゼル銀行監督委員(Basle Committee on Banking Supervision/BCBS) 1974年、G10諸国の中央銀行総裁らの合意によりスイスのバーゼルに創設された国際的な機関であり、銀行の監督に関する継続的な協力のための協議を行う機能を有することから、中央銀行の銀行と呼ばれる。銀行の自己資本比率に関する規制[バーゼル合意(BIS規制)]を公表し、銀行の監督およびリスク管理に関する様々な実務を世界的に促進・強化に取り組んでいる。国際決済銀行(BIS)に事務局を置き、4年に1度定期委員会を開催している。

 

まとめ

IMF専務理事は、既存の金融システムに良い刺激を与える存在として暗号通貨・ブロックチェーン分野に対する期待を持っている。そのため同氏はこうした同分野に対する肯定的な意見を発言する際には「国際的な法規制が必要」と必ず強調している。FATFによる国際基準の暗号通貨規制の公表は6月に予定されている。この法規制公表で世界にどんな変化が生じるのか注目しておきたい。

  • 金融活動作業部会 Financial Adtion Task Force(FATF) 麻薬・賄賂・脱税に係る資金洗浄やテロ資金供与への国際的な対策を協議する国際的な政府機関である。G7を含む35か国と2つの地域機関(欧州委員会・湾外協力会議)が加盟している。

 

関連記事

 


参考:CNBC[Cryptocurrencies are ‘clearly shaking the system,’ IMF’s Lagarde says]

関連記事

  1. モナコインがSegWit導入可決、仮想通貨初の快挙

  2. ロシアのバーガーキングがビットコイン決済を検討か

  3. PwCビットコイン決済導入

  4. 大和証券、ミャンマーでのブロックチェーン技術の促進へ

  5. 12月のニュースまとめ[1ヵ月のまとめ]

  6. xRapidでの活用だけでなく、決済手段としても択ばれるXRP

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]